パーソナルツール
現在の場所: ホーム Annual Reports 2005
編集操作

2005年度年次報告

2005年度の年次報告です.

メンバー

  • 貴家 仁志 (教授,首都大学東京システムデザイン学部)
  • 西川 清史 (准教授,首都大学東京システムデザイン学部)
  • 藤吉 正明 (研究員,首都大学東京システムデザイン学部)
  • 早川 志げ (秘書)
  • ハイルル ムナディ (博士課程2年,東京都立大学大学院工学研究科)
  • フィトリ アルニア (博士後期課程1年,首都大学東京大学院工学研究科)
  • 金 弘林 (博士後期課程1年,首都大学東京大学院工学研究科)
  • 田口 泰透 (修士課程2年,東京都立大学大学院工学研究科)
  • 長藁 真一 (修士課程2年,東京都立大学大学院工学研究科)
  • 飯塚 郁絵 (博士前期課程1年,首都大学東京大学院工学研究科)
  • 遠藤 耕太 (博士前期課程1年,首都大学東京大学院工学研究科)
  • 吉田 邦明 (博士前期課程1年,首都大学東京大学院工学研究科)
  • 万 頃涛 (博士前期課程1年,首都大学東京大学院工学研究科)
  • 石丸 健児 (学部,東京都立大学工学部)
  • 宇都宮 康雄 (学部,東京都立大学工学部)
  • 小野 倫彦 (学部,東京都立大学工学部)
  • 木原 美怜 (学部,東京都立大学工学部)
  • 黒岩 圭二朗 (学部,東京都立大学工学部)
  • 齋藤 海有 (学部,東京都立大学工学部)
  • 佐藤 修治 (学部,東京都立大学工学部)
  • 新保 翔吾 (学部,東京都立大学工学部)
  • 手塚 昌史 (学部,東京都立大学工学部)
  • 本田 恵一 (学部,東京都立大学工学部)
  • 山田 耕平 (学部,東京都立大学工学部)

特定学術研究

産学協同研究費による研究

  • JPEG2000の差別化技術・応用技術の研究開発 (ソニー株式会社)
  • ビジュアル対話における動画像圧縮伝送技術の実用化研究 (住友電気工業株式会社)
  • 次世代画像コーデックにおける要素技術の研究開発 (ソニー株式会社)

科学研究費補助金による研究

  • 国際標準情報圧縮法と下位互換性を有する符号化画像の誤り訂正法 (基盤C)
  • 量子化フーリエ変換にもとづくW-CDMAとOFDMの実現手法の統一化に関する研究 (若手B)
  • 階層拡散系列を用いた電子透かし技術による画像情報のための改ざん検出法 (若手B)

表彰

  • 2005年IEEE回路とシステムに関する国際会議への功労
    貴家仁志
    同会議への貢献

研究成果リスト

学位論文リスト

修士論文

田口 泰透
等価回路表現に基づくエイリアスフリーサブバンド適応フィルタの収束特性解析
長藁 真一
符号ストリームを考慮したJPEG 2000符号化画像のRTP伝送における画質劣化抑制法

卒業論文

石丸 健児
補間関数を用いたOFDMの伝送特性改善に関する研究
宇都宮 康雄
DCT係数の正負符号を用いた位相限定相関量の計算法
小野 倫彦
位相限定相関法を用いた画像電子透かしの研究
木原 美怜
ヒストグラムの周波数特性を考慮した画像量子化の画質向上に関する研究
黒岩 圭二朗
POCに基づく動物体検出とMotion JPEG映像のスクランブル処理
齋藤 海有
アクセス制限を考慮した階層的マルチメディアコンテンツの暗号化法
佐藤 修治
可逆画像情報埋込法のための統計量算出領域の研究
新保 翔吾
キャッシュメモリ量を考慮した領域分割2D-DWT法
手塚 昌史
RTPを用いたJPEG 2000符号化画像の復号を必要としないQoS推定法
本田 恵一
SCTPを用いたJPEG 2000符号化画像の効率的な伝送法に関する研究
山田 耕平
ブロック平均化によるフレーム同期ずれにロバストな電子透かし法

Powered by Plone CMS, the Open Source Content Management System

このサイトは次の標準に準拠しています: