パーソナルツール
現在の場所: ホーム Members sayaka
編集操作

塩田 さやか(Sayaka Shiota)

連絡先

  • 住所: 〒191-0065 東京都日野市旭が丘6-6
  • TEL/FAX: 042-585-8454
  • E-Mail: sayaka[at]tmu.ac.jp

履歴

  • 職歴
    • 2014年04月 - 現在 : 首都大学東京 システムデザイン学部 助教
    • 2013年04月 - 現在: 名古屋工業大学 国際音声言語技術研究所 プロジェクト助教
    • 2013年02月 - 2014年03月 : 統計数理研究所 統計的機械学習センター 特任助教
    • 2012年04月 - 2013年01月 : 日本学術振興会 特別研究員(PD)
    • 2012年06月 - 2012年11月 : エジンバラ大学 滞在研究員
    • 2011年04月 - 2011年03月 : 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
    • 2010年02月 - 2011年03月 : 総務省 戦略的情報通信研究開発推進制度(SCOPE) 研究員
    • 2009年10月 - 2010年01月 : 独立行政法人 情報通信研究機構(NICT) 有期補助員
    • 2009年04月 - 2009年09月 : FP7 EMIME project, 研究員
  • 学歴
    • 2009年04月 - 2012年03月 : 名古屋工業大学大学院工学研究科創成シミュレーション工学専攻博士後期課程
    • 2007年04月 - 2009年03月 : 名古屋工業大学大学院工学研究科情報工学専攻博士前期課程
    • 2003年04月 - 2007年03月 : 名古屋工業大学工学部知能情報システム学科
  • 表彰(2013年まで)
    • 2012年06月 :音声研究会研究奨励賞
    • 2012年03月 :名古屋工業大学学生表彰 副学長賞
    • 2011年09月 :日本音響学会 学生優秀発表賞受賞
    • 2009年08月 :東海地区音声関連研究室修士論文中間発表会 ポスター賞
  • ソフトウェア

発表論文(2013年まで)(2014年以降はこちら

    学術論文

  • ``A Bayesian framework using multiple model structures for speech recognition,"
    Sayaka Shiota, Kei Hashimoto, Yoshihiko Nankaku, Keiichi Tokuda,
    IEICE Transactions on Information and Systems, vol. E96-D, no. 4, pp.939-948, 2013-4.

  • Acoustical Science and Technology (2011年11月)

    ``Speech recognition based on statistical models including multiple phonetic decision trees,"
    Sayaka Shiota, Kei Hashimoto, Heiga Zen, Yoshihiko Nankaku, Akinobu Lee, Keiichi Tokuda,
    Acoust. Sci. & Tech., vol. 32, no. 6, pp.236--243, 2011-11.

    国際学会

  • IROS2013 Workshop in 東京, 日本(2013年9月3日)
    ``Low-latency voice human-robot interaction system based on hypothesis determination algorithm"
    Yuka Ariki, Sayaka Shiota.
  • Interspeech 2012 in Portland, USA (2012年9月9-13日)

    ``Cross-lingual Speaker Adaptation for HMM-based Speech Synthesis Using Speaker Interpolation Based on Perceptual Characteristics,"
    Viviane de Franca Oliveira, Sayaka Shiota, Yoshihiko Nankaku, Keiichi Tokuda,
    in Proc. Interspeech 2012, 2012-9.

  • ICASSP 2012 in 京都, 日本 (2012年3月25-30日)

    ``A model structure integration based on a Bayesian framework for speech recognition,"
    Sayaka Shiota, Kei Hashimoto, Yoshihiko Nankaku, Keiichi Tokuda, in Proc. ICASSP 2012, pp. 4813--4816, 2012-03.

  • Blizzard Challenge 2010 in 京都,日本 (2010年9月25日)

    ``Overview of NIT HMM-based speech synthesis system for Blizzard Challenge 2010,"
    Keiichiro Oura, Kei Hashimoto, Sayaka Shiota, and Keiichi Tokuda,
    Blizzard Challenge 2010, 2010-09.

  • SSW7 in 京都,日本 (2010年9月22-24日)

    ``Speaker adaptation and the evaluation of speaker similarity in the EMIME speech-to-speech translation project," Mirjam Wester, John Dines, Matthew Gibson, Hui Liang, Yi-Jian Wu, Lakshmi Saheer, Simon King, Keiichiro Oura, Philip N. Garner, William Byrne, Yong Guan, Teemu Hirsimaki, Reima Karhila, Mikko Kurimo, Matt Shannon, Sayaka Shiota, Jilei Tian, Keiichi Tokuda, Junichi Yamagishi, SSW7, pp.192--197, 2010-09.

  • ACL 2010 in Uppsala, Sweden (2010年7月13日)

    ``Personalising speech-to-speech translation in the EMIME project," Mikko Kurimo, William Byrne, John Dines, Philip N. Garner, Matthew Gibson, Yong Guan, Teemu Hirsimaki, Reima Karhila, Simon King, Hui Liang, Keiichiro Oura, Lakshmi Saheer, Matt Shannon, Sayaka Shiota, Jilei Tian, Keiichi Tokuda, Mirjam Wester, Yi-Jian Wu and Junichi Yamagishi, ACL 2010, pp.48--53, 2010-07.

  • Interspeech 2008 in Brighton, UK (2009年9月7-10日)

    ``Deterministic Annealing Based Training Algorithm for Bayesian Speech Recognition,"
    Sayaka Shiota, Kei Hashimoto, Yoshihiko Nankaku, and Keiichi Tokuda.
    in Proc. Interspeech 2009, pp.680--683, 2009-9.

  • Interspeech 2008 in Brisbane, Australia (2008年9月22-26日)

    ``Acoustic Modeling Based Model Structure Annealing for Speech Recognition,"
    Sayaka Shiota, Kei Hashimoto, Heiga Zen, Yoshihiko Nankaku, Akinobu Lee, and Keiichi Tokuda.
    in Proc. Interspeech, pp.932--935, 2008-9.

    国内研究会

  • 計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会 2013(SSI2013)in 滋賀,(2013年11月18日)
    ``逐次早期確定アルゴリズムに基づく人間に近いロボットインタラクションの実現"
    有木 由香, 李 晃伸, 塩田 さやか.
  • 音声研究会2012 in 神奈川,日本(2012年6月14-15日)

    ``個人性を考慮した異言語音声合成に対する知覚評価,"
    津崎実,徳田恵一,河井 恒,志賀芳則,大浦圭一郎,塩田さやか,
    信学技報,2012-6.

  • 音声研究会2011 in 名古屋,日本(2011年6月23-24日)

    ``Bayesian speech recognition based on model structure integration,"
    Sayaka Shiota, Kei Hashimoto, Yoshihiko Nankaku, Keiichi Tokuda,
    信学技報,Vol. 111, No. 97, pp.11--16, 2011-6. (音声研究会研究奨励賞)

  • SLP2008 in 東京, 日本(2008年12月9-10日)

    ``Speech Recognition Based on Statistical Models Including Multiple Decision Trees,"
    Sayaka Shiota, Kei Hashimoto, Yoshihiko Nankaku, Keiichi Tokuda.
    音声言語シンポジウム, 信学技報, Vol.108, No.338, pp.221--226, 2008-12.

  • 音声研究会2007 in 冨山, 日本 (2007年6月26-27日)

    ``音素決定木構造のアニーリングに基づく音響モデリング,"
    塩田さやか, 橋本佳, 全炳河, 南角吉彦, 李晃伸, 徳田恵一,
    信学技報, vol.107, no.165, pp67--72, 2007-7.

    国内会議

  • 日本音響学会 2013年 春季研究発表会 in 東京, 日本 (2013年3月13-15日)

    ``Cross-lingual speaker adaptation for HMM-based speech synthesis using joint-eigenvoices with a space of perceptual characteristics,"
    Viviane de Franca Olivera, Sayaka shiota, Kei Hashimoto, Yoshihiko Nankaku, Keiichi Tokuda,
    日本音響学会春季研究発表会講演論文集,pp. 269--270, 2013-3.

  • 日本音響学会 2012年 春季研究発表会 in 神奈川, 日本 (2012年3月13-15日)

    ``Cross-lingual Speaker Adaptation for HMM-based speech synthesis using speaker interpolation based on perceptual characteristics,"
    Viviane de Franca Olivera, Sayaka shiota, Yoshihiko Nankaku, Keiichi Tokuda,
    日本音響学会春季研究発表会講演論文集,pp. 405--406, 2012-3.

  • 日本音響学会 2011年 春季研究発表会 in 東京,日本 (2011年3月9-11日)

    ``複数のパラメータ共有構造を考慮したベイズ基準による音響モデリングの検討,"
    塩田さやか,橋本佳,南角吉彦,徳田恵一,
    日本音響学会春季研究発表会講演論文集,pp. 21--24, 2011-3. (学生優秀発表賞)

  • 日本音響学会 2009年 秋季研究発表会 in 福島, 日本 (2009年9月15-17日)

    ``Training Algorithm Based on Deterministic Annealing for Bayesian Speech Recognition,"
    Sayaka Shiota, Kei Hashimoto, Yoshihiko Nankaku, and Keiichi Tokuda,
    日本音響学会秋季研究発表会講演論文集, pp. 3--6, 2009-9.

  • 日本音響学会 2008年 秋季研究発表会 in 福岡, 日本(2008年9月10-12日)

    ``複数の音素決定木を用いた音声認識の検討,"
    塩田さやか, 橋本佳, 南角吉彦, 李晃伸, 徳田恵一,
    日本音響学会春季研究発表会講演論文集, pp. 125--126, 2008-3.

  • 日本音響学会 2007年 秋季研究発表会 in 山梨, 日本 (2007年9月19-21日)

    ``Acoustic Modeling Based on Model Structure Annealing for Speech Recognition,"
    塩田さやか, 橋本佳, 全炳河, 南角吉彦, 李晃伸, 徳田恵一,
    日本音響学会秋季研究発表会講演論文集, pp. 142--146, 2007-9.

    学位論文

  • Doctoral Dissertation (Feb. 2012)

    ``STATISTICAL MODELS BASED ON MULTIPLE MODEL STRUCTURES FOR SPEECH RECOGNITION"

  • Master's thesis (Feb. 2009)

    ``SPEECH RECOGNITION BASED ON STATISTICAL MODELS INCLUDING MULTIPLE MODEL STRUCTURES"

  • 2006年度卒業論文 (2007年2月)

    ``パラメータ共有構造のアニーリングに基づく音響モデリング"


Powered by Plone CMS, the Open Source Content Management System

このサイトは次の標準に準拠しています: