パーソナルツール
現在の場所: ホーム Papers
編集操作

発表論文

貴家・塩田研究グループの発表論文

1994年

学術論文

  1. Hitoshi KIYA, Kiyoshi NISHIKAWA, and Masahiro IWAHASHI,
    “A Development of Symmetric Extension Method for Subband Image Coding,”
    IEEE Trans. Image Processing,
    vol.3, no.1, pp.78–81, January 1994.
    DOI webpage PDF [内部情報]
  2. 村松 正吾, 貴家 仁志,
    “変換符号化された画像に対する任意の有理数倍率の解像度変換法,”
    電子情報通信学会 論文誌,
    vol.J77-A, no.3, pp.369–378, 1994年3月.
    webpage [内部情報]
  3. 村松 正吾, 貴家 仁志,
    “サンプリングレート変換のための拡張重複加算法と拡張重複保持法,”
    電子情報通信学会 論文誌,
    vol.J77-A, no.8, pp.1046–1055, 1994年8月.
    webpage [内部情報]
  4. 貴家 仁志, 山崎 広達, 芦原 浩司,
    “有理数間引きを持つオーバサンプリング・サブバンド適応フィルタ,”
    電子情報通信学会 論文誌,
    vol.J77-A, no.8, pp.1129–1136, 1994年8月.
    webpage [内部情報]
  5. Kiyoshi NISHIKAWA and Hitoshi KIYA,
    “An LS Based New Gradient Type Adaptive Algorithm --Least Squares Gradient--,”
    IEICE Trans. Fundamentals,
    vol.E77-A, no.9, pp.1417–1425, September 1994.
    webpage [内部情報]
  6. Youji YAMADA, Hiroshi OCHI, and Hitoshi KIYA,
    “A Subband Adaptive Filter Allowing Maximally Decimation,”
    IEEE J. Select. Areas Commun.,
    vol.12, no.9, pp.1548–1552, December 1994.
    DOI webpage PDF
  7. 貴家 仁志, 山崎 広達, 山田 洋士,
    “等分割周波数点でAlias-Freeな新しいクラスのフィルタバンクの設計法,”
    電子情報通信学会 論文誌,
    vol.J77-A, no.12, pp.1632–1639, 1994年12月.
    webpage [内部情報]

国際会議論文

  1. Kiyoshi NISHIKAWA and Hitoshi KIYA,
    “An LS Based New Gradient Type Algorithm,”
    Proc. IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing,
    1st April, 1994.
  2. Yoshihiro ONO and Hitoshi KIYA,
    “Performance Analysis of Subband Adaptive Systems Using an Equivalent Model,”
    Proc. IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing,
    1st April, 1994.
  3. Kiyoshi NISHIKAWA and Hitoshi KIYA,
    “A Technique to Improve Convergence Speed of the LMS Algorithm,”
    Proc. IEEE International Symposium on Circuits and Systems,
    1st May, 1994.
  4. Shogo MURAMATSU and Hitoshi KIYA,
    “An Extended Overlap-Add Method and -Save Method for Sampling Rate Conversion,”
    Proc. IEEE International Symposium on Circuits and Systems,
    1st May, 1994.
  5. Hisashi SAKANE, Hiroyuki KOBAYASHI, and Hitoshi KIYA,
    “An Extrapolation Algorithm with DFT Matrix for Discrete Time Signals,”
    Proc. Joint Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,
    1st July, 1994.
  6. Kouji ASHIHARA, Kiyoshi NISHIKAWA, and Hitoshi KIYA,
    “Multirate Repeating Method to Improve Convergence Speed for Subband Adaptive Digital Filters,”
    Proc. Joint Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,
    1st July, 1994.
  7. Masahiro IWAHASHI and Hitoshi KIYA,
    “A New Scalable Decoder for Drift Reduction,”
    Proc. Picture Coding Symposium,
    1st September, 1994.

学会講演論文

  1. 坂根 尚, 小林 弘幸, 貴家 仁志,
    “有限長データに対する高周波成分の復元法,”
    電子情報通信学会 春季全国大会,
    no.A-103, 1994年3月1日.
  2. 西川 清史, 貴家 仁志,
    “適応アルゴリズムの高速化におけるデータの有効利用の可能性,”
    電子情報通信学会 春季全国大会,
    no.A-103, 1994年3月1日.
  3. 岩橋 政宏, 貴家 仁志,
    “通過域ドリフトのないスケラブル・デコーダ,”
    電子情報通信学会 春季全国大会,
    no.D-103, 1994年3月1日.
  4. 坂根 尚, 小林 弘幸, 貴家 仁志,
    “DFT表現に基づく周波数領域の復元法,”
    電子情報通信学会 ディジタル信号処理研究会,
    no.DSP94-43, 1994年6月1日.
  5. 吉田 たけお, 貴家 仁志, 内藤 祥雄,
    “帰納的関数のグラフ表現と設計検証への応用,”
    電子情報通信学会 フォルトトレラントシステム研究会,
    1994年7月1日.
  6. 内田 健, 貴家 仁志, 山田 昭彦,
    “Hardware/Software Codesign手法を用いた信号処理アルゴリズムの効果的な実現とその評価,”
    情報処理学会 DAシンポジウム,
    1994年8月1日.
  7. 西川 清史, 貴家 仁志,
    “斜交ベクトル展開を用いたLMS型適応アルゴリズムの解析法,”
    電子情報通信学会 秋季全国大会,
    no.A-111, 1994年9月1日.
  8. 芦原 浩司, 西川 清史, 貴家 仁志,
    “マルチレート繰り返し法を用いたサブバンド適応フィルタ,”
    電子情報通信学会 秋季全国大会,
    no.A-117, 1994年9月1日.
  9. 村松 正吾, 貴家 仁志,
    “任意のサンプリング格子変換のための多次元拡張重複加算法及び保持法,”
    電子情報通信学会 秋季全国大会,
    no.A-129, 1994年9月1日.
  10. 坂根 尚, 小林 弘幸, 貴家 仁志,
    “DFT表現に基づく外挿法,”
    電子情報通信学会 秋季全国大会,
    no.A-130, 1994年9月1日.
  11. 内田 健, 貴家 仁志, 山田 昭彦,
    “ハードウェア/ソフトウェア協調設計のためのC言語に基づく協調シミュレータの実現,”
    電子情報通信学会 秋季全国大会,
    no.SA-3-1, 1994年9月1日.
  12. Kiyoshi NISHIKAWA and Hitoshi KIYA,
    “A General Method for Improving the Convergence Property of the LMS-Type Algorithms Using Geometrical Interpretation,”
    IEICE Digital Signal Processing Symposium,
    no.A1.1, 1st November, 1994.
  13. 渡口 和信, 貴家 仁志,
    “サブバンド適応システムのタップ数に関する一検討,”
    電子情報通信学会 ディジタル信号処理シンポジウム,
    no.A2.1, 1994年11月1日.
  14. Shogo MURAMATSU and Hitoshi KIYA,
    “A Multidimensional Block Operation for Arbitrary Sampling Lattice Alteration,”
    IEICE Digital Signal Processing Symposium,
    no.B7.4, 1st November, 1994.
  15. 坂根 尚, 小林 弘幸, 貴家 仁志,
    “FFTを用いたGerchberg-Papoulis反復法の実現,”
    電子情報通信学会 ディジタル信号処理シンポジウム,
    no.C7.4, 1994年11月1日.
  16. 岩橋 政宏, 貴家 仁志, 神林 紀嘉,
    “スケーラブル・デコーダにおけるドリフト低減のための動き補償,”
    電子情報通信学会 画像工学研究会,
    no.IE94-97, 1994年12月1日.

その他

  1. Shogo MURAMATSU and Hitoshi KIYA,
    “Resolution Conversion Method with Arbitrary Rational Values for Transform-Coded Images,”
    Electronics and Communications in Japan, Part III,
    vol.77, no.10, January 1994.
  2. Shogo MURAMATSU and Hitoshi KIYA,
    “Extended Overlap-Add and -Save Methods for Multirate Signal Processing,”
    Memoirs of Faculty of Engineering, Tokyo Metropolitan University,
    no.44, January 1994.

Powered by Plone CMS, the Open Source Content Management System

このサイトは次の標準に準拠しています: