パーソナルツール
現在の場所: ホーム Papers
編集操作

発表論文

貴家・塩田研究グループの発表論文

1995年

学術論文

  1. 小野 芳浩, 西川 清史, 貴家 仁志,
    “サブバンド適応システムの等価モデルとその理論解析,”
    電子情報通信学会 論文誌,
    vol.J78-A, no.1, pp.30–39, 1995年1月.
    webpage [内部情報]
  2. 貴家 仁志, 西川 清史, 芦原 浩司,
    “マルチレート繰り返し法によるサブバンド適応フィルタの収束速度の改善,”
    電子情報通信学会 論文誌,
    vol.J78-A, no.2, pp.194–201, 1995年2月.
    webpage [内部情報]
  3. 小林 弘幸, 貴家 仁志,
    “階層的復調を可能とする直交周波数分割変調の一検討,”
    電子情報通信学会 論文誌,
    vol.J78-A, no.3, 1995年3月.
    webpage [内部情報]
  4. Shogo MURAMATSU and Hitoshi KIYA,
    “Parallel Processing Techniques for Multidimensional Sampling Lattice Alteration Based on Overlap-Add and Overlap-Save Methods,”
    IEICE Trans. Fundamentals,
    vol.E78-A, no.8, pp.934–943, August 1995.
    webpage [内部情報]
  5. Kiyoshi NISHIKAWA and Hitoshi KIYA,
    “A Representation Method of the Convergence Characteristic of the LMS Algorithms Using Tap-Input Vectors,”
    IEICE Trans. Fundamentals,
    vol.E78-A, no.10, pp.1362–1368, October 1995.
    webpage [内部情報]

国際会議論文

  1. Kouji ASHIHARA, Kiyoshi NISHIKAWA, and Hitoshi KIYA,
    “Improvement of Convergence Speed for Subband Adaptive Digital Filters Using the Multirate Repeating Method,”
    Proc. IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing,
    1st May, 1995.
  2. Shogo MURAMATSU and Hitoshi KIYA,
    “Multidimensional Parallel Processing Methods for Rational Sampling Lattice Alteration,”
    Proc. IEEE International Symposium on Circuits and Systems,
    1st May, 1995.
  3. Hisashi SAKANE, Akihiko UEKI, and Hitoshi KIYA,
    “A Discrete Gerchberg-Papoulis Algorithm Based on DCT,”
    Proc. Joint Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,
    no.SP6-1, 1st July, 1995.
  4. XiaoXia ZOU, Shogo MURAMATSU, and Hitoshi KIYA,
    “Optimum Block Size of Discrete Sine and Cosine Transforms for Symmetric Convolution,”
    Proc. Joint Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,
    no.SP6-4, 1st July, 1995.

学会講演論文

  1. 福田 和子, 金城 繁徳, 尾知 博, 貴家 仁志,
    “2次元DFT周波数サンプリングフィルタ(FSF)バンクを用いた2次元適応システム同定 --- 画像の雑音除去 ---,”
    電子情報通信学会 回路とシステム研究会,
    no.CAS94-84, 1995年1月1日.
  2. 安久津 幸絵, 貴家 仁志,
    “対称畳み込みの周波数領域表現,”
    電子情報通信学会 ディジタル信号処理研究会,
    no.DSP94-104, 1995年1月1日.
  3. 岩橋 政宏, 神林 紀嘉, 貴家 仁志,
    “低域ドリフトのないスケーラブル・デコーダ,”
    電子情報通信学会 ディジタル信号処理研究会,
    no.DSP94-108, 1995年1月1日.
  4. 高野 正治, 三浦 幸也, 貴家 仁志, 内藤 祥雄,
    “連鎖のある逐次暗号の順序機械による構成法,”
    FTC研究会,
    1995年1月1日.
  5. 小林 弘幸, 貴家 仁志,
    “低クロックレートで動作するディジタルフィルタ,”
    電子情報通信学会 総合大会,
    no.A-181, 1995年3月1日.
  6. 鈴木 健一, 金城 繁徳, 尾知 博, 貴家 仁志,
    “周波数サンプリングフィルタバンクを用いたプリセット型サブバンド適応等化器,”
    電子情報通信学会 総合大会,
    no.A-206, 1995年3月1日.
  7. 福田 和子, 金城 繁徳, 尾知 博, 貴家 仁志,
    “2次元DFT周波数サンプリングフィルタ(FSF)バンクを用いた並列適応フィルタの提案,”
    電子情報通信学会 総合大会,
    no.A-208, 1995年3月1日.
  8. 松原 勝重, 西川 清史, 貴家 仁志,
    “DLMSに基づくパイプライン適応フィルタ,”
    電子情報通信学会 総合大会,
    no.A-211, 1995年3月1日.
  9. 高野 正治, 三浦 幸也, 貴家 仁志, 内藤 祥雄,
    “順序機械を用いた連鎖のある逐次暗号の一構成法,”
    電子情報通信学会 情報セキュリティ研究会,
    no.ISEC94-53, 1995年3月1日.
  10. 小林 弘幸, 貴家 仁志,
    “非最大間引きフィルタバンクの完全再構成条件,”
    電子情報通信学会 ディジタル信号処理研究会,
    no.DSP95-16, 1995年5月1日.
  11. 小林 弘幸,
    “非最大間引きDFTフィルタバンクに基づく低レートフィルタの実現,”
    電子情報通信学会 ディジタル信号処理研究会,
    no.DSP95-46, 1995年6月1日.
  12. 松原 勝重, 西川 清史, 貴家 仁志,
    “DLMSに基づくパイプライン適応フィルタの実現と評価,”
    電子情報通信学会 ディジタル信号処理研究会,
    no.DSP95-68, 1995年6月1日.
  13. 岩橋 政宏, 神林 紀嘉, 貴家 仁志,
    “変換符号化におけるDCT基底のビット数低減とその影響,”
    電子情報通信学会 画像工学研究会,
    no.IE95-29, 1995年6月1日.
  14. 内田 健, 貴家 仁志, 山田 昭彦,
    “ハードウェア/ソフトウェア協調設計における機能分割の評価を目的とした命令パイプラインモデルの一実現法,”
    電子情報通信学会 VLSI設計技術研究会,
    no.VLD95-39, 1995年6月1日.
  15. 村松 正吾, 貴家 仁志,
    “DCT-IIを用いた画像拡大処理の対称畳み込みに基づく検討とブロック歪みの削減,”
    電子情報通信学会 ディジタル信号処理研究会,
    1995年6月1日.
  16. 渡口 和信, 小林 弘幸, 貴家 仁志,
    “オーバサンプリング完全再構成DFTフィルタバンクを用いたサブバンド適応フィルタ,”
    電子情報通信学会 ディジタル信号処理研究会,
    no.DSP95-79, 1995年7月1日.
  17. 鈴木 晋, 吉田 たけお, 三浦 幸也, 貴家 仁志,
    “誤り処理要素を特定可能なFFTの効果的構成法,”
    電子情報通信学会 フォルトトレラントシステム研究会,
    no.FTS95-35, 1995年8月1日.
  18. 西川 清史, 貴家 仁志,
    “有色信号に対して拡張されたNLMS適応アルゴリズム,”
    電子情報通信学会 ソサイエティ大会,
    no.A-78, 1995年9月1日.
  19. 武内 直也, 内田 健, 貴家 仁志, 山田 昭彦,
    “ソフトウェア・パイプライニングに基づくVLIWプロセッサの演算器の一構成法,”
    電子情報通信学会 VLSI設計技術研究会,
    no.VLD95-64, 1995年9月1日.
  20. 坂根 尚, 貴家 仁志,
    “DCTに基づく超解像法の適用限界,”
    電子情報通信学会 ディジタル信号処理シンポジウム,
    no.B2.2, 1995年11月1日.
  21. Shogo MURAMATSU and Hitoshi KIYA,
    “Linear-Phase Paraunitary Filter Banks Based on Symmetric Convolution,”
    IEICE Digital Signal Processing Symposium,
    no.B8.4, 1st November, 1995.
  22. 梶田 邦之, 小林 弘幸, 村松 正吾, 山田 昭彦, 貴家 仁志,
    “Householder分解を用いたオーバサンプルパラユニタリDFTフィルタバンクの一設計法,”
    電子情報通信学会 ディジタル信号処理研究会,
    no.DSP95-133, 1995年12月1日.
  23. 西川 清史, 貴家 仁志,
    “サブバンド適応フィルタにおける最適な合成フィルタバンクの選択について,”
    電子情報通信学会 ディジタル信号処理研究会,
    no.DSP95-135, 1995年12月1日.
  24. 吉田 たけお, 大谷 知行, 三浦 幸也, 貴家 仁志,
    “ADRによるバス上の多重縮退故障のマスク,”
    電子情報通信学会 フォルトトレラントシステム研究会,
    no.FTS95-72, 1995年12月1日.

その他

  1. Hitoshi KIYA, Hirotatsu YAMAZAKI, and Kouji ASHIHARA,
    “An Oversampling Subband Adaptive Digital Filter with Rational Decimation Ratios,”
    Electronics and Communications in Japan, Part III,
    vol.78, no.1, pp.89–97, January 1995.
  2. Shogo MURAMATSU and Hitoshi KIYA,
    “An Extended Overlap-Add Method and Overlap-Save Method for Sampling Rate Conversion,”
    Electronics and Communications in Japan, Part III,
    vol.78, no.3, pp.62–73, March 1995.
  3. Hitoshi KIYA, Hirotatsu YAMAZAKI, and Youji YAMADA,
    “A Method of Designing Filter Banks with Alias-Free Characteristics at Equally Spaced Points,”
    Electronics and Communications in Japan, Part III,
    vol.78, no.5, pp.34–43, May 1995.
  4. Hitoshi KIYA, Kiyoshi NISHIKAWA, and Kouji ASHIHARA,
    “Improvement of Convergence Speed for Subband Adaptive Digital Filter Using the Multirate Repeating Method,”
    Electronics and Communications in Japan, Part III,
    vol.78, no.10, pp.37–45, October 1995.

Powered by Plone CMS, the Open Source Content Management System

このサイトは次の標準に準拠しています: