パーソナルツール
現在の場所: ホーム Papers
編集操作

発表論文

貴家・塩田研究グループの発表論文

1996年

学術論文

  1. 岩橋 政宏, 神林 紀嘉, 貴家 仁志,
    “スケーラブル符号化におけるドリフト誤差低減のための動き補償,”
    電子情報通信学会 論文誌,
    vol.J79-A, no.1, pp.125–134, 1996年1月.
    webpage [内部情報]
  2. 吉田 たけお, 貴家 仁志, 内藤 祥雄,
    “入力名集合と制御条件を用いたレジスタ転送レベルの設計検証法,”
    電子情報通信学会 論文誌,
    vol.J79-D, no.1, pp.28–40, 1996年1月.
    webpage [内部情報]
  3. 松原 勝重, 西川 清史, 貴家 仁志,
    “Delayed LMSアルゴリズムに基づくパイプライン適応フィルタ,”
    電子情報通信学会 論文誌,
    vol.J79-A, no.5, pp.1050–1057, 1996年5月.
    webpage [内部情報]
  4. Hisashi SAKANE and Hitoshi KIYA,
    “A Super-Resolution Method Based on the Discrete Cosine Transform,”
    IEICE Trans. Fundamentals,
    vol.E79-A, no.6, pp.768–776, June 1996.
    webpage [内部情報]
  5. 岩橋 政宏, 神林 紀嘉, 貴家 仁志,
    “ハードウェア構成の簡単なスケーラブル・デコーダ,”
    電子情報通信学会 論文誌,
    vol.J79-A, no.7, pp.1324–1329, 1996年7月.
    webpage [内部情報]
  6. Shogo MURAMATSU and Hitoshi KIYA,
    “A New Factorization Technique for the Generalized Linear-Phase LOT and Its Fast Implementation,”
    IEICE Trans. Fundamentals,
    vol.E79-A, no.8, pp.1173–1179, August 1996.
    webpage [内部情報]
  7. 渡口 和信, 小林 弘幸, 貴家 仁志,
    “完全再構成DFTフィルタバンクを用いたサブバンド適応フィルタ,”
    電子情報通信学会 論文誌,
    vol.J79-A, no.8, pp.1385–1393, 1996年8月.
    webpage [内部情報]
  8. 岩橋 政宏, 神林 紀嘉, 貴家 仁志,
    “変換符号化法における基底係数のビット数低減法,”
    電子情報通信学会 論文誌,
    vol.J79-B-I, no.53, pp.572–581, 1996年8月.
    webpage [内部情報]
  9. 貴家 仁志, 小林 弘幸,
    “ポリフェーズ部分行列に基づくオーバサンプル・フィルタバンク,”
    電子情報通信学会 論文誌,
    vol.J79-A, no.9, pp.1525–1534, 1996年9月.
    webpage [内部情報]
  10. 小林 弘幸, 貴家 仁志,
    “最小遅延量を持つオーバサンプルDFTフィルタバンクの設計,”
    電子情報通信学会 論文誌,
    vol.J79-A, no.11, pp.1801–1807, 1996年11月.
    webpage [内部情報]
  11. 村松 正吾, 貴家 仁志,
    “有限長信号に対するGenLOTの効果的構成とそのM帯域離散時間ウェーブレット変換への応用,”
    電子情報通信学会 論文誌,
    vol.J79-A, no.12, pp.1966–1976, 1996年12月.
    webpage [内部情報]

国際会議論文

  1. Takeshi UCHIDA, Hitoshi KIYA, and Akihiko YAMADA,
    “Generating a Hierarchical Simulation Model on the Basis of Functional Model of Register Transfers,”
    Proc. IEEE International Symposium on Circuits and Systems,
    1st May, 1996.
  2. Kuniyuki KAJITA, Hiroyuki KOBAYASHI, Shogo MURAMATSU, Akihiko YAMADA, and Hitoshi KIYA,
    “Design Methods for Oversampled DFT Filter Banks,”
    Proc. International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,
    1st July, 1996.
  3. Katsushige MATSUBARA, Kiyoshi NISHIKAWA, and Hitoshi KIYA,
    “Pipelined Adaptive Filters Based on Two-Dimensional LMS Algorithm,”
    Proc. International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,
    1st July, 1996.
  4. Shigenori KINJO, Hiroshi OCHI, and Hitoshi KIYA,
    “A New Two-Dimensional Parallel Block Adaptive Digital Filter,”
    Proc. IEEE Midwest Symposium on Circuits and Systems,
    1st August, 1996.
  5. Kuniyuki KAJITA, Hiroyuki KOBAYASHI, Shogo MURAMATSU, Akihiko YAMADA, and Hitoshi KIYA,
    “A Design Method of Oversampled Paraunitary DFT Filter Banks Using House-Holder's Factorization,”
    Proc. EURASIP European Signal Processing Conference,
    1st September, 1996.
  6. Shogo MURAMATSU and Hitoshi KIYA,
    “A New Design Method of Linear-Phase Paraunitary Filter Banks with an Odd Number of Channels,”
    Proc. EURASIP European Signal Processing Conference,
    1st September, 1996.
  7. Hisashi SAKANE, Kiyoshi NISHIKAWA, and Hitoshi KIYA,
    “A Super-Resolution Method Based on the Discrete Cosine Transforms,”
    Proc. EURASIP European Signal Processing Conference,
    1st September, 1996.
  8. XiaoXia ZOU, Shogo MURAMATSU, and Hitoshi KIYA,
    “The Generalized Overlap-Add and Overlap-Save Methods Using Discrete Sine and Cosine Transforms for FIR Filtering,”
    Proc. IEEE International Conference on Signal Processing,
    1st October, 1996.

学会講演論文

  1. 内田 健, 貴家 仁志, 山田 昭彦,
    “異なる抽象化レベルを持つシミュレーションモデルの生成 -- レジスタ転送の関数表現に基づく生成法 --,”
    情報処理学会 設計自動化研究会,
    no.DA79-4, 1996年2月1日.
  2. 鄒 暁霞, 坂根 尚, 貴家 仁志,
    “DFTに基づく超解像法の実演算処理,”
    電子情報通信学会 総合大会,
    no.A-135, 1996年3月1日.
  3. 松原 勝重, 西川 清史, 貴家 仁志,
    “2次元LMSに基づくパイプライン適応フィルタの一構成法,”
    電子情報通信学会 総合大会,
    no.A-142, 1996年3月1日.
  4. 小林 弘幸, 貴家 仁志,
    “低遅延DFTフィルタバンクの一設計法,”
    電子情報通信学会 総合大会,
    no.A-204, 1996年3月1日.
  5. 原田 康裕, 村松 正吾, 貴家 仁志,
    “改良GenLOTを用いた直線位相正規直交M帯域DTWTの評価,”
    電子情報通信学会 総合大会,
    no.SA-4--5, 1996年3月1日.
  6. 小林 弘幸, 貴家 仁志,
    “任意の間引き率を持つ完全再構成DFTフィルタバンクとその最小遅延量について,”
    電子情報通信学会 ディジタル信号処理研究会,
    no.DSP96-10, 1996年5月1日.
  7. 山内 拓也, 小林 弘幸, 貴家 仁志,
    “低遅延量を持つオーバサンプルフィルタバンクについて,”
    電子情報通信学会 ディジタル信号処理研究会,
    no.DSP96-42, 1996年6月1日.
  8. 中薗 啓介, 内田 健, 貴家 仁志, 山田 昭彦,
    “異なる演算語長を持つ処理に対する演算器の選択法,”
    電子情報通信学会 VLSI研究会,
    no.VLD96-14, 1996年6月1日.
  9. 渡部 誠二, 西川 清史, 藤井 信生, 貴家 仁志,
    “適応フィルタに基づくレート変換器の設計,”
    電子情報通信学会 ディジタル信号処理研究会,
    no.DSP96-61, 1996年7月1日.
  10. 村松 正吾, 貴家 仁志,
    “有限長信号に対する一般化LOTの効果的構成 --- 対称拡張法の効果的実現 ---,”
    電子情報通信学会 ディジタル信号処理研究会,
    no.DSP96-62, 1996年7月1日.
  11. 山本 宰, 内田 健, 貴家 仁志, 山田 昭彦,
    “ソフトウェア・パイプライニングに基づく演算器の選択法 -記憶要素のコスト削減に関する検討 -,”
    情報処理学会 DAシンポジウム,
    1996年8月1日.
  12. 内田 健, 貴家 仁志, 山田 昭彦,
    “階層的な抽象レベルを持つシミュレーションモデルの評価,”
    電子情報通信学会 ソサイエティ大会,
    no.A-65, 1996年9月1日.
  13. 小林 弘幸, 山内 拓也, 貴家 仁志,
    “任意の遅延量を持つオーバサンプルフィルタバンク,”
    電子情報通信学会 ソサイエティ大会,
    no.A-74, 1996年9月1日.
  14. 渡部 誠二, 藤井 信生, 貴家 仁志,
    “適応フィルタに基づくマルチステージレート変換器の設計,”
    電子情報通信学会 ソサイエティ大会,
    no.A-93, 1996年9月1日.
  15. 松原 勝重, 西川 清史, 貴家 仁志,
    “新しいルックアヘッド変換を用いたパイプライン適応フィルタのアーキテクチャ,”
    電子情報通信学会 ソサイエティ大会,
    no.A-94, 1996年9月1日.
  16. 原田 康裕, 村松 正吾, 貴家 仁志,
    “チェス盤歪みを伴わない2分割QMFバンクについて,”
    電子情報通信学会 ディジタル信号処理研究会,
    no.CAS96-52, 1996年9月1日.
  17. 松原 勝重, 西川 清史, 貴家 仁志,
    “新しいルックアヘッド変換を用いたパイプライン適応フィルタ,”
    電子情報通信学会 ディジタル信号処理シンポジウム,
    no.A6-1, 1996年11月1日.
  18. 渡部 誠二, 貴家 仁志, 藤井 信生,
    “適応フィルタに基づくマルチステージレート変換器の設計法,”
    電子情報通信学会 ディジタル信号処理シンポジウム,
    no.B3-3, 1996年11月1日.
  19. XiaoXia ZOU, Shogo MURAMATSU, and Hitoshi KIYA,
    “Implementation of Sampling Rate Conversion with Fewer Delay,”
    Technical Report of IEICE,
    no.DSP96-104, 1st December, 1996.

Powered by Plone CMS, the Open Source Content Management System

このサイトは次の標準に準拠しています: