パーソナルツール
現在の場所: ホーム Papers
編集操作

発表論文

貴家・塩田研究グループの発表論文

1997年

学術論文

  1. Katsushige MATSUBARA, Kiyoshi NISHIKAWA, and Hitoshi KIYA,
    “2-D Pipelined Adaptive Filters Based on 2-D Delayed LMS Algorithm,”
    IEICE Trans. Fundamentals,
    vol.E80-A, no.6, pp.1009–1014, June 1997.
    webpage [内部情報]
  2. XiaoXia ZOU, Shogo MURAMATSU, and Hitoshi KIYA,
    “FFT-Based Implementation of Sampling Rate Conversion with a Small Number of Delays,”
    IEICE Trans. Fundamentals,
    vol.E80-A, no.8, pp.1367–1375, August 1997.
    webpage [内部情報]
  3. Shogo MURAMATSU and Hitoshi KIYA,
    “Extended Overlap-Add and -Save Methods for Multirate Signal Processing,”
    IEEE Trans. Signal Processing,
    vol.45, no.9, pp.2376–2380, September 1997.
    DOI webpage PDF [内部情報]
  4. 原田 康裕, 村松 正吾, 貴家 仁志,
    “チェス盤ひずみを伴わない2分割QMFバンクとそのラティス構成,”
    電子情報通信学会 論文誌,
    vol.J80-A, no.11, pp.1857–1867, 1997年11月.
    webpage [内部情報]
  5. 松原 勝重, 西川 清史, 貴家 仁志,
    “ルックアヘッドDelayed LMSアルゴリズムに基づくパイプライン適応フィルタ,”
    電子情報通信学会 論文誌,
    vol.J80-A, no.11, pp.1902–1909, 1997年11月.
    webpage [内部情報]
  6. 鄒 暁霞, 貴家 仁志,
    “DCT領域での画像の解像度変換の等価表現とその一般化処理,”
    電子情報通信学会 論文誌,
    vol.J80-A, no.11, pp.1989–1998, 1997年11月.
    webpage [内部情報]

国際会議論文

  1. Katsushige MATSUBARA, Kiyoshi NISHIKAWA, and Hitoshi KIYA,
    “A New Pipelined Architecture of the LMS Algorithm without Degradation of Convergence Characteristics,”
    Proc. IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing,
    1st April, 1997.
  2. XiaoXia ZOU, Shogo MURAMATSU, and Hitoshi KIYA,
    “Block Sampling Rate Conversion for Delay Reduction,”
    Proc. IEEE International Symposium on Circuits and Systems,
    1st June, 1997.
  3. Katsushige MATSUBARA, Kiyoshi NISHIKAWA, and Hitoshi KIYA,
    “Pipelined LMS Adaptive Filter Using a New Look-Ahead Transformation,”
    Proc. IEEE International Symposium on Circuits and Systems,
    1st June, 1997.
  4. Kazuhiro KOJIMA and Hitoshi KIYA,
    “Two-Channel QMF Banks with Ringing Constraints,”
    Proc. International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,
    1st July, 1997.
  5. Takuya YAMAUCHI, Kiyoshi NISHIKAWA, and Hitoshi KIYA,
    “Structure of Delayless Subband Adaptive Filter Using Hadamard Transformation,”
    Proc. International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,
    1st July, 1997.
  6. Seiji WATANABE, Hitoshi KIYA, Kiyoshi NISHIKAWA, and Nobuo FUJII,
    “A Design Method of Rate Converters Based on Adaptive Filters,”
    Proc. European Conference on Circuit Theory and Design,
    1st September, 1997.
  7. Shogo MURAMATSU, Akihiko YAMADA, and Hitoshi KIYA,
    “A Design Method of Multidimensional Linear-Phase Paraunitary Filter Banks with a Lattice Structure,”
    Proc. IEEE Region 10 Conference,
    1st December, 1997.

学会講演論文

  1. 原田 康裕, 貴家 仁志,
    “チェス盤歪みを伴わないマルチレートフィルタとその零点配置について,”
    電子情報通信学会 回路とシステム研究会,
    no.CAS96-78, 1997年1月1日.
  2. 小島 一浩, 貴家 仁志,
    “リンギングを考慮した2分割QMFバンクの一設計法,”
    電子情報通信学会 総合大会,
    no.A-4-37, 1997年3月1日.
  3. 松原 勝重, 西川 清史, 貴家 仁志,
    “ルックアヘッドDelayed LMSアルゴリズムのシストリックアレー実現,”
    電子情報通信学会 総合大会,
    no.A-4-42, 1997年3月1日.
  4. 山内 拓也, 西川 清史, 貴家 仁志,
    “アダマール変換を用いた遅延のないサブバンド適応フィルタの構成法,”
    電子情報通信学会 総合大会,
    no.A-4-50, 1997年3月1日.
  5. 渡部 誠二, 貴家 仁志, 藤井 信生,
    “適応フィルタに基づくチェス版歪みを伴わないレート変換器の設計,”
    電子情報通信学会 総合大会,
    no.A-4-56, 1997年3月1日.
  6. 鄒 暁霞, 貴家 仁志,
    “DCT領域での画像解像度変換法に関する一考察,”
    電子情報通信学会 総合大会,
    no.A-4-69, 1997年3月1日.
  7. 村松 正吾, 山田 昭彦, 貴家 仁志,
    “JPEG/MPEGと互換性のあるサブバンド符号化システム,”
    電子情報通信学会 ディジタル信号処理研究会,
    no.DSP96-143, 1997年3月1日.
  8. 鄒 暁霞, 貴家 仁志,
    “DCT領域での画像解像度変換法の評価とその一般化処理,”
    電子情報通信学会 ディジタル信号処理研究会,
    no.DSP96-144, 1997年3月1日.
  9. Shogo MURAMATSU, Akihiko YAMADA, and Hitoshi KIYA,
    “A Design Method of Multidimensional Linear-Phase Paraunitary Filter Banks with a Lattice Structure,”
    Technical Report of IEICE,
    no.DSP97-40, 1st June, 1997.
  10. 原田 康裕, 村松 正吾, 貴家 仁志,
    “多次元マルチレートシステムにおけるチェス盤歪みについて,”
    電子情報通信学会 ディジタル信号処理研究会,
    no.DSP97-41, 1997年6月1日.
  11. Kiyoshi NISHIKAWA and Hitoshi KIYA,
    “Conditions for Convergence of a Delayless Subband Adaptive Filter and Its Efficient Implementation,”
    Technical Report of IEICE,
    no.DSP97-42, 1st June, 1997.
  12. Yoshihiro NOGUCHI and Hitoshi KIYA,
    “Motion Compensation for MPEG Video in the DCT Domain,”
    Technical Report of IEICE,
    no.DSP97-43, 1st June, 1997.
  13. 君島 匡朗, 西川 清史, 貴家 仁志,
    “2次元信号処理のパイプライン化を目的とした2次元LDLMSアルゴリズムの提案,”
    電子情報通信学会 ソサイエティ大会,
    no.A-4-12, 1997年9月1日.
  14. 君島 匡朗, 西川 清史, 貴家 仁志,
    “LDLMSアルゴリズムに基づく2次元適応信号処理のパイプライン実現,”
    電子情報通信学会 ディジタル信号処理研究会,
    no.DSP97-37, 1997年9月1日.
  15. 小林 弘幸, 貴家 仁志,
    “チェス盤歪みが発生しないオーバーサンプルフィルタバンクについて,”
    電子情報通信学会 ソサイエティ大会,
    no.SA-1-1, 1997年9月1日.
  16. 原田 康裕, 村松 正吾, 貴家 仁志,
    “チェス盤歪みを伴わない多次元フィルタバンクについて,”
    電子情報通信学会 ディジタル信号処理研究会,
    no.DSP97-115, 1997年10月1日.
  17. 小林 弘幸, 貴家 仁志,
    “オーバサンプルフィルタバンクにおけるチェス盤歪みについて,”
    電子情報通信学会 ディジタル信号処理シンポジウム,
    no.A1.1, 1997年11月1日.
  18. 西川 清史, 福島 廣, 貴家 仁志,
    “Filtered-Xアルゴリズムの収束特性に関する一考察,”
    電子情報通信学会 ディジタル信号処理シンポジウム,
    no.A5.6, 1997年11月1日.
  19. 原田 昭男, 西川 清史, 貴家 仁志,
    “最小レイテンシーを持つパイプラインLMS適応フィルタ,”
    電子情報通信学会 ディジタル信号処理シンポジウム,
    no.A8.2, 1997年11月1日.
  20. 山本 宰, 内田 健, 貴家 仁志, 山田 昭彦,
    “ループ・パイプライニングに基づく動画像符合化における動き検出の実現,”
    電子情報通信学会 システムLSI琵琶湖ワークショップ,
    no.A8.2, 1997年11月1日.
  21. Shogo MURAMATSU, Hitoshi KIYA, and Akihiko YAMADA,
    “The Two-Dimensional Lapped Hadamard Transform,”
    IEICE Digital Signal Processing Symposium,
    no.B7.2, 1st November, 1997.
  22. Yoshihiro NOGUCHI and Hitoshi KIYA,
    “The Bit Reduction of DCT on the MPEG Decoder with Motion Compensation in the DCT Domain,”
    IEICE Digital Signal Processing Symposium,
    no.C7.3, 1st November, 1997.
  23. 古川 潤, 野口 祥宏, 貴家 仁志,
    “MPEGビデオのDCT領域での解像度変換法,”
    電子情報通信学会 ディジタル信号処理シンポジウム,
    no.C7.4, 1997年11月1日.

その他

  1. Masahiro IWAHASHI, Noriyoshi KAMBAYASHI, and Hitoshi KIYA,
    “Motion Compensation for Scalable Decoder for Drift Reduction,”
    Electronics and Communications in Japan, Part III,
    vol.80, no.1, pp.47–58, January 1997.
  2. Masahiro IWAHASHI, Noriyoshi KAMBAYASHI, and Hitoshi KIYA,
    “Bit Reduction of DCT Basis for Transform Coding,”
    Electronics and Communications in Japan, Part I,
    vol.80, no.8, pp.81–91, August 1997.
  3. Shogo MURAMATSU and Hitoshi KIYA,
    “An Efficient Structure of Generalized Lapped Orthogonal Transforms for Finite-Duration Sequences and Its Application to M-Band Discrete-Time Wavelet Transforms,”
    Electronics and Communications in Japan, Part III,
    vol.80, no.10, pp.39–50, October 1997.
  4. Katsushige MATSUBARA, Kiyoshi NISHIKAWA, and Hitoshi KIYA,
    “Pipelined Adaptive Filters Based on Delayed LMS Algorithm,”
    Electronics and Communications in Japan, Part III,
    vol.80, no.12, pp.82–90, December 1997.

Powered by Plone CMS, the Open Source Content Management System

このサイトは次の標準に準拠しています: