パーソナルツール
現在の場所: ホーム Papers
編集操作

発表論文

貴家・塩田研究グループの発表論文

2001年

学術論文

  1. Ayuko TAKAGI, Kiyoshi NISHIKAWA, and Hitoshi KIYA,
    “Motion Estimation Using Edge Enhanced Low-Bit Images for Lowpower MPEG Encoder,”
    IEICE Trans. Fundamentals,
    vol.E84-A, no.8, pp.1900–1908, August 2001.
    [内部情報]

国際会議論文

  1. Kiyoshi NISHIKAWA and Hitoshi KIYA,
    “New Structure of Affine Projection Algorithm Using a Novel Subband Adaptive System ,”
    Proc. IEEE Signal Processing Adavances in Wireless Communications,
    Taoyuan, Taiwan, R.O.C., 1st March, 2001.
  2. Ayuko TAKAGI, Kiyoshi NISHIKAWA, and Hitoshi KIYA,
    “Low-Bit Motion Estimation with Edge Enhanced Images for Lowpower MPEG Encoder,”
    Proc. IEEE International Symposium on Circuits and Systems,
    no.T16-MRm4-O1, Sydney, Australia, 1st May, 2001.
  3. Kiyoshi NISHIKAWA and Hitoshi KIYA,
    “Normalized LMS Algorithm for Alias Free Subband Adaptive Filters,”
    Proc. International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,
    vol.1, no.D4-2, pp.580–583, Tokushima, Japan, 1st July, 2001.
  4. Osamu WATANABE and Hitoshi KIYA,
    “Hierarchical Lossless Image Coding Using Integer Wavelet Transform,”
    Proc. International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,
    vol.2, no.C9-3, pp.1204–1207, Tokushima, Japan, 1st July, 2001.
  5. Masayuki KUROSAKI and Hitoshi KIYA,
    “Error Concealment Using a Data Hiding Technique for MPEG Video,”
    Proc. European Conference on Circuit Theory and Design,
    vol.3, pp.81–84, Espoo, Finland, 1st August, 2001.
  6. Katsutoshi ANDO, Osamu WATANABE, and Hitoshi KIYA,
    “Partial-Scrambling of Still Images Based on JPEG2000,”
    Proc. International Conference on Information, Communications and Signal Processing,
    no.P0408, Singapore, 1st October, 2001.

学会講演論文

  1. 安藤 勝俊, 渡邊 修, 貴家 仁志,
    “伝送路誤りを考慮したJPEG2000画像の暗号化法,”
    電子情報通信学会 画像工学研究会,
    no.IE2000-152, pp.67–71, 2001年1月1日.
  2. 黒崎 正行, 貴家 仁志,
    “動画像符号化におけるエラー隠蔽のための電子透かし,”
    電子情報通信学会 総合大会,
    vol.1, no.A-4-47, p.147, 2001年3月1日.
  3. 増井 剛, 西川 清史, 貴家 仁志,
    “マルチレート繰り返し法によるAFSAFの高速学習手法,”
    電子情報通信学会 総合大会,
    2001年3月1日.
  4. 山田 洋士, 貴家 仁志,
    “ポリフェーズ適応フィルタを用いた適応的遅延推定,”
    電子情報通信学会 総合大会,
    2001年3月1日.
  5. Hiroshige ASANO and Hitoshi KIYA,
    “Spatially Adaptive Mapping with Small Computational Cost for Image Processing,”
    IEICE Workshop on Circuits and Systems in Karuizawa,
    pp.65–70, 1st April, 2001.
  6. 黒崎 正行, 貴家 仁志,
    “電子透かしを用いた動画像符号化におけるエラー隠蔽法,”
    電子情報通信学会 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ,
    pp.71–76, 2001年4月1日.
  7. Kiyoshi NISHIKAWA and Hitoshi KIYA,
    “Consideration on Convergence Property of Alias Free Subband Adaptive System Using the Multirate Repeating Method,”
    IEICE Workshop on Circuits and Systems in Karuizawa,
    pp.381–386, 1st April, 2001.
  8. 渡邊 修, 貴家 仁志,
    “レート制御可能な画像の階層的ロスレス符号化,”
    電子情報通信学会 ディジタル信号処理研究会,
    no.DSP2001-26, pp.49–54, 2001年6月1日.
  9. 安藤 勝俊, 渡邊 修, 貴家 仁志,
    “汎用JPEG2000エンコーダに基づく画像の情報半開示法,”
    電子情報通信学会 回路とシステム研究会,
    no.DSP2001-27, pp.55–62, 2001年6月1日.
  10. 高木 亜有子, 貴家 仁志,
    “低階調動き推定におけるターゲットレートの影響,”
    電子情報通信学会 ソサイエティ大会,
    vol.基礎・境界, no.A-4-17, p.93, 2001年9月1日.
  11. 仁木 健生, 西川 清史, 貴家 仁志,
    “レイテンシーを考慮した判定帰還型適応等化器のパイプライン実現,”
    電子情報通信学会 ソサイエティ大会,
    vol.基礎・境界, no.A-4-37, p.113, 2001年9月1日.
  12. 藤吉 正明, 貴家 仁志,
    “透かしエネルギーのブロック適応に関する検討,”
    電子情報通信学会 ソサイエティ大会,
    vol.情報・システム, no.D-11-37, p.122, 2001年9月1日.
  13. 山田 洋士, 貴家 仁志, 神林 紀嘉,
    “エコーキャンセラのためのマルチレート適応フィルタによるタップ位置推定,”
    電子情報通信学会 ディジタル信号処理研究会,
    no.DSP2001-88, pp.1–7, 2001年9月1日.
  14. 安藤 勝俊, 小林 弘幸, 貴家 仁志,
    “Layer構造に基づくJPEG2000符号化画像へのバイナリデータ埋め込み法,”
    電子情報通信学会 ディジタル信号処理研究会,
    no.DSP2001-102, pp.17–24, 2001年10月1日.
  15. 仁木 健生, 西川 清史, 貴家 仁志,
    “レイテンシを考慮した判定帰還型等等化器のパイプライン実現法,”
    電子情報通信学会 ディジタル信号処理シンポジウム,
    no.A8-5, pp.647–652, 2001年11月1日.
  16. 藤吉 正明, 貴家 仁志,
    “ブロック分割DCTに基づく画質レベル一定電子透かし法,”
    電子情報通信学会 ディジタル信号処理シンポジウム,
    no.B4-2, pp.337–342, 2001年11月1日.
  17. 安藤 勝俊, 渡邊 修, 貴家 仁志,
    “レイヤー構造を利用したJPEG2000符号化画像の効果的暗号化法,”
    電子情報通信学会 画像工学研究会,
    no.IE2001-117, pp.7–14, 2001年11月1日.
  18. 橘 高志, 藤吉 正明, 貴家 仁志,
    “放送監視のための画質保証可能な電子透かし法,”
    電子情報通信学会 画像工学研究会,
    no.IE2001-118, pp.15–22, 2001年11月1日.
  19. 藤吉 正明, 貴家 仁志,
    “ブロック分割に基づく画質レベル一定電子透かし法のMPEG耐性,”
    電子情報通信学会 画像符号化シンポジウム,
    no.P-2.17, pp.49–50, 2001年11月1日.
  20. 高木 亜有子, 黒崎 正行, 貴家 仁志,
    “QCIF動画像符号化へのJPEG2000の効果的適用法,”
    電子情報通信学会 画像符号化シンポジウム,
    no.P-5.06, pp.83–84, 2001年11月1日.

その他

  1. Kiyoshi NISHIKAWA and Hitoshi KIYA,
    “Pipeline Implementation of Gradient-Type Adaptive Filters,”
    Electronics and Communications in Japan, Part III,
    vol.84, no.5, pp.33–42, May 2001.
  2. Masaharu MURAKAMI and Hitoshi KIYA,
    “Conditions for Avoiding the Checkerboard Distortion in Continuous-Time Domain,”
    Electronics and Communications in Japan, Part III,
    vol.84, no.12, pp.59–68, December 2001.

Powered by Plone CMS, the Open Source Content Management System

このサイトは次の標準に準拠しています: