パーソナルツール
現在の場所: ホーム Papers
編集操作

発表論文

貴家・塩田研究グループの発表論文

2002年

学術論文

  1. 安藤 勝俊, 渡邊 修, 貴家 仁志,
    “JPEG2000符号化画像の情報半開示法,”
    電子情報通信学会 論文誌,
    vol.J85-D-II, no.2, pp.282–290, 2002年2月.
    webpage [内部情報]
  2. Kiyoshi NISHIKAWA and Hitoshi KIYA,
    “Multirate Repeating Method for Alias Free Subband Adaptive Filters,”
    IEICE Trans. Fundamentals,
    vol.E85-A, no.4, pp.776–783, April 2002.
    webpage [内部情報]
  3. Masayuki KUROSAKI and Hitoshi KIYA,
    “Error Concealment Using a Data Hiding Technique for MPEG Video,”
    IEICE Trans. Fundamentals,
    vol.E85-A, no.4, pp.790–796, April 2002.
    webpage [内部情報]
  4. Ayuko TAKAGI and Hitoshi KIYA,
    “QCIF Video Coding Based on JPEG2000 Using Symmetry of Images,”
    IEICE Trans. Fundamentals,
    vol.E85-A, no.8, pp.1898–1901, August 2002.
    webpage [内部情報]
  5. 安藤 勝俊, 貴家 仁志,
    “レイヤ構造を利用したJPEG2000符号化画像の暗号化法,”
    電子情報通信学会 論文誌,
    vol.J85-A, no.10, pp.1091–1099, 2002年10月.
    webpage [内部情報]
  6. 安藤 勝俊, 小林 弘幸, 貴家 仁志,
    “レイヤ構造を利用したJPEG2000符号化画像へのバイナリーデータ埋込み法,”
    電子情報通信学会 論文誌,
    vol.J85-D-II, no.10, pp.1522–1530, 2002年10月.
    webpage [内部情報]
  7. Masaaki FUJIYOSHI, Takashi TACHIBANA, and Hitoshi KIYA,
    “A Data Embedding Method Considering the Finite Word-Length for High Quality Images,”
    IEICE Trans. Fundamentals,
    vol.E85-A, no.12, pp.2830–2838, December 2002.
    webpage PDF [内部情報]

国際会議論文

  1. Ayuko TAKAGI, Masayuki KUROSAKI, and Hitoshi KIYA,
    “The Effective Method for Applying JPEG2000 to QCIF Video Coding,”
    Proc. International Workshop on Advanced Image Technology,
    no.6月2日, pp.119–123, Hualien, Taiwan, R.O.C., 1st January, 2002.
  2. Takashi TACHIBANA, Masaaki FUJIYOSHI, and Hitoshi KIYA,
    “A Watermarking Scheme without Using Reference Images for Monitoring On-Air Video Images,”
    Proc. International Conference on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences,
    no.SS2-2, pp.6–11, Tokyo, Japan, 1st March, 2002.
  3. Khairul Munadi, Masayuki KUROSAKI, and Hitoshi KIYA,
    “Error Concealment Using a Digital Watermarking Technique for Interframe Video Coding ,”
    Proc. International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,
    pp.599–602, Phuket, Thailand, 1st July, 2002.
  4. Ayuko TAKAGI and Hitoshi KIYA,
    “Interleaved Multiple Image Coding Using JPEG2000,”
    Proc. International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,
    プーケット,タイ, 1st July, 2002.
  5. Shoko IMAIZUMI, Ayuko TAKAGI, and Hitoshi KIYA,
    “Lossless Inter-Frame Video Coding Using Extended JPEG2000,”
    Proc. International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,
    Phuket, Thailand, 1st July, 2002.
  6. Osamu WATANABE and Hitoshi KIYA,
    “Lossless JPEG2000 Coding for Lossy Images and Its Applications,”
    Proc. EURASIP European Signal Processing Conference,
    vol.CDROM, no.P-302, Toulouse, France, 1st September, 2002.
  7. Katsutoshi ANDO, Hiroyuki KOBAYASHI, and Hitoshi KIYA,
    “A Method for Embedding Binary Data into JPEG2000 Bit Streams Based on the Layer Structure,”
    Proc. EURASIP European Signal Processing Conference,
    no.308, Toulouse, France, 1st September, 2002.
  8. Takashi TACHIBANA, Masaaki FUJIYOSHI, and Hitoshi KIYA,
    “A Watermarking Scheme Allowing the Desired Image Quality with No Limitation on the Distribution of Watermark Sequences,”
    Proc. IEEE International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems,
    no.C6-3, pp.373–377, Kaohsiung, Taiwan, R.O.C., 1st November, 2002.
  9. Osamu WATANABE and Hitoshi KIYA,
    “An Extention of ROI-Based Scalability for Progressive Transmission in JPEG2000 Coding ,”
    Proc. IEEE Asia-Pacific Conference on Circuits and Systems,
    vol.1, pp.535–540, Singapore, 1st December, 2002.
  10. Masayuki KUROSAKI, Khairul Munadi, and Hitoshi KIYA,
    “Error Concealment Using Layer Structure for JPEG2000 Images ,”
    Proc. IEEE Asia-Pacific Conference on Circuits and Systems,
    Singapore, 1st December, 2002.

学会講演論文

  1. Ayuko TAKAGI, Masayuki KUROSAKI, and Hitoshi KIYA,
    “The Effective Method for Applying JPEG2000 to QCIF Video Coding,”
    Technical Report of IEICE,
    no.IE2001-160, pp.11–15, 1st January, 2002.
  2. 渡邊 修, 貴家 仁志,
    “無歪み再符号化を可能とするJPEG2000の適用法,”
    電子情報通信学会 画像工学研究会,
    no.IE2001-187, pp.91–95, 2002年1月1日.
  3. 加藤 有哉, 藤吉 正明, 貴家 仁志,
    “高画質・厳密画質保証のためのDCレベル制御に基づく相関型電子透かし法,”
    電子情報通信学会 総合大会,
    no.D-11-11, 2002年3月1日.
  4. 渡邊 修, 貴家 仁志,
    “JPEG2000におけるROIに基づく領域スケーラビリティ機能,”
    電子情報通信学会 総合大会,
    no.D-11-19, 2002年3月1日.
  5. 藤吉 正明, 貴家 仁志,
    “有限語長の影響を考慮した画質保証型電子透かし法,”
    電子情報通信学会 ディジタル信号処理研究会,
    no.DSP2001-187, pp.9–15, 2002年3月1日.
  6. 渡邊 修, 貴家 仁志,
    “JPEG2000符号化のためのROIに基づく領域スケーラビリティ機能の拡張,”
    電子情報通信学会 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ,
    pp.71–76, 2002年4月1日.
  7. 黒崎 正行, 貴家 仁志,
    “レイヤー構造を用いたJPEG2000符号化画像のエラー隠蔽法,”
    電子情報通信学会 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ,
    pp.77–82, 2002年4月1日.
  8. 黒崎 正行, 貴家 仁志,
    “電子透かし技術を用いたJPEG2000符号化画像のヘッダ情報保護法,”
    電子情報通信学会 ディジタル信号処理研究会,
    no.DSP2002-19, pp.13–18, 2002年5月1日.
  9. 貴家 仁志,
    “JPEG2000の特徴とその機能拡張,”
    電子情報通信学会 ディジタル信号処理研究会,
    no.DSP2002-26, pp.55–60, 2002年5月1日.
  10. 貴家 仁志, 今泉 祥子,
    “マーカコードの発生を考慮したJPEG2000符号化画像の情報半開示法,”
    電子情報通信学会 画像工学研究会,
    no.IE2002-27, pp.19–24, 2002年6月1日.
  11. 貴家 仁志, 松井 勝之,
    “JPEG2000を用いた画像の改ざん防止法,”
    電子情報通信学会 画像工学研究会,
    no.IE2002-28, pp.25–30, 2002年6月1日.
  12. 橘 高志, 藤吉 正明, 貴家 仁志,
    “放送監視のための非参照型電子透かし法の整数系列への拡張,”
    電子情報通信学会 画像工学研究会,
    no.IE2002-29, pp.31–36, 2002年6月1日.
  13. 福田 亮, 西川 清史,
    “LMS適応フィルタに基づくW-CDMAのためのマルチユーザ検出器,”
    DSPS教育者会議,
    pp.85–88, 2002年8月1日.
  14. 渡邊 修, 貴家 仁志,
    “コードブロックサイズを考慮したJPEG2000における効果的なROI法,”
    電子情報通信学会 画像工学研究会,
    no.IE2002-61, pp.31–36, 2002年9月1日.
  15. Khairul Munadi, Masayuki KUROSAKI, Kiyoshi NISHIKAWA, and Hitoshi KIYA,
    “Evaluation of JPEG2000 Error Resilience over OFDM Channel,”
    Technical Report of IEICE,
    no.IE2002-62, pp.37–42, 1st September, 2002.
  16. 橘 高志, 藤吉 正明, 貴家 仁志,
    “領域毎に画質を保証する非参照型電子透かし法,”
    情報科学技術フォーラム,
    no.J-45, pp.291–292, 2002年9月1日.
  17. Kiyoshi NISHIKAWA and Hitoshi KIYA,
    “Multi-Scrambling Code System for Improving BER Performance of Multirate DS/CDMA,”
    IEICE Digital Signal Processing Symposium,
    no.B5-5, 1st November, 2002.
  18. 黒崎 正行, 貴家 仁志,
    “レイヤー構造を用いたJPEG2000符号化画像のエラー訂正法,”
    電子情報通信学会 ディジタル信号処理シンポジウム,
    no.D2-4, 2002年11月1日.
  19. 貴家 仁志, 今泉 祥子,
    “マーカコードの発生を考慮したJPEG2000符号化画像の効果的情報半開示法,”
    電子情報通信学会 ディジタル信号処理シンポジウム,
    no.D2-5, 2002年11月1日.
  20. 橘 高志, 藤吉 正明, 貴家 仁志,
    “透かし系列の統計分布を限定しない画質保証型電子透かし法,”
    電子情報通信学会 ディジタル信号処理シンポジウム,
    no.D4-2, 2002年11月1日.
  21. 黒崎 正行, 貴家 仁志,
    “電子透かし技術を用いたJPEG2000符号化画像のエラー訂正法,”
    電子情報通信学会 画像符号化シンポジウム,
    no.P-2.15, pp.37–38, 2002年11月1日.
  22. 松井 勝之, 橘 高志, 藤吉 正明, 貴家 仁志,
    “二値透かし系列のための画質保証型電子透かし法,”
    映像情報メディア学会 メディア工学研究会,
    no.ME2002-87, pp.13–16, 2002年12月1日.

その他

  1. Hiroyuki KOBAYASHI, Yoshihiro NOGUCHI, and Hitoshi KIYA,
    “A Method of Embedding Binary Data into JPEG Bitstreams,”
    Systems and Computers in Japan,
    vol.33, no.1, pp.18–26, January 2002.
  2. Kazuhiro KOJIMA and Hitoshi KIYA,
    “Generalizations of Image Resolution Conversions Using 8-Point Inverse DCT,”
    Electronics and Communications in Japan, Part III,
    vol.85, no.9, pp.58–68, September 2002.

Powered by Plone CMS, the Open Source Content Management System

このサイトは次の標準に準拠しています: