パーソナルツール
現在の場所: ホーム Papers
編集操作

発表論文

貴家・塩田研究グループの発表論文

2003年

学術論文

  1. 橘 高志, 藤吉 正明, 貴家 仁志,
    “放送監視のための非参照型画像電子透かし法,”
    電子情報通信学会 論文誌,
    vol.J86-D-II, no.2, pp.233–241, 2003年2月.
    webpage PDF [内部情報]
  2. Osamu WATANABE and Hitoshi KIYA,
    “An Extension of ROI-Based Scalability for Progressive Transmission in JPEG2000 Coding,”
    IEICE Trans. Fundamentals,
    vol.E86-A, no.4, pp.765–771, April 2003.
    webpage [内部情報]
  3. Masayuki KUROSAKI and Hitoshi KIYA,
    “Error Concealment Using Layer Structure for JPEG2000 Images,”
    IEICE Trans. Fundamentals,
    vol.E86-A, no.4, pp.772–778, April 2003.
    webpage [内部情報]
  4. Ayuko TAKAGI and Hitoshi KIYA,
    “Lossless Video Coding Using Interleaved Multiple Frames,”
    IEICE Trans. Fundamentals,
    vol.E86-A, no.6, pp.1504–1508, June 2003.
    webpage [内部情報]
  5. 松井 勝之, 橘 高志, 藤吉 正明, 貴家 仁志,
    “2値透かし系列のための画質保証型電子透かし法,”
    映像情報メディア学会 学会誌,
    vol.57, no.7, pp.878–881, 2003年7月.
    DOI webpage PDF [内部情報]
  6. Khairul Munadi, Masayuki KUROSAKI, Kiyoshi NISHIKAWA, and Hitoshi KIYA,
    “Error Protection for JPEG2000-Coded Images and Its Evaluation over OFDM Channel,”
    IEICE Trans. Fundamentals,
    vol.E86-A, no.8, pp.2056–2060, August 2003.
    webpage [内部情報]
  7. 山田 洋士, 貴家 仁志, 神林 紀嘉,
    “適応フィルタのためのスクランブル処理を用いた信号の白色化,”
    電子情報通信学会 論文誌,
    vol.J86-A, no.11, pp.1246–1250, 2003年11月.
    webpage [内部情報]
  8. 貴家 仁志, 今泉 祥子, 渡邊 修,
    “マーカコードの発生を考慮したJPEG2000符号化画像の情報半開示法,”
    電子情報通信学会 論文誌,
    vol.J86-D-II, no.11, pp.1628–1636, 2003年11月.
    webpage [内部情報]

国際会議論文

  1. Ayuko TAKAGI and Hitoshi KIYA,
    “Lossless Video Coding Using Interleaved Multiple Frames,”
    Proc. International Workshop on Advanced Image Technology,
    pp.329–334, Nagasaki, Japan, 1st January, 2003.
  2. Osamu WATANABE and Hitoshi KIYA,
    “ROI-Based Scalability for Progressive Transmission in JPEG2000 Coding,”
    Proc. IEEE International Symposium on Circuits and Systems,
    vol.II, pp.416–419, Bangkok, Thailand, 26th May, 2003.
  3. Khairul Munadi, Masayuki KUROSAKI, Kiyoshi NISHIKAWA, and Hitoshi KIYA,
    “Error Protection for JPEG2000 Encoded Images and Its Evaluation over OFDM Channel,”
    Proc. IEEE International Symposium on Circuits and Systems,
    vol.II, pp.432–435, Bangkok, Thailand, 26th May, 2003.
  4. Katsuyuki MATSUI, Takashi TACHIBANA, Masaaki FUJIYOSHI, and Hitoshi KIYA,
    “A Watermarking Method Retaining the Desired Image-Quality for Binary Sequences,”
    Proc. International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,
    vol.1, pp.112–115, Kangwon-do, Korea, 7th July, 2003.
  5. Ryo FUKUDA and Kiyoshi NISHIKAWA,
    “Low Computational Complexity Implementation Method for W-CDMA systems,”
    Proc. International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,
    vol.1, pp.144–147, Kangwon-do, Korea, 7th July, 2003.
  6. Yusuke SEKI, Masayuki KUROSAKI, and Hitoshi KIYA,
    “Error Correction Using a Data Hiding Technique for MPEG Video,”
    Proc. International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,
    vol.1, pp.382–385, Kangwon-do, Korea, 7th July, 2003.
  7. Masayuki KUROSAKI, Khairul Munadi, and Hitoshi KIYA,
    “Error Correction Using Data Hiding Technique for JPEG2000 Images ,”
    Proc. IEEE International Conference on Image Processing,
    no.CD-ROM, Barcelona, Spain, 17th September, 2003.
  8. Hitoshi KIYA, Shoko IMAIZUMI, and Osamu WATANABE,
    “Partial-Scrambling of Image Encoded Using JPEG2000 without Generating Marker Codes,”
    Proc. IEEE International Conference on Image Processing,
    no.WA-P1.3, Barcelona, Spain, 17th September, 2003.
    [内部情報]
  9. Khairul Munadi, Masayuki KUROSAKI, Kiyoshi NISHIKAWA, and Hitoshi KIYA,
    “A Robust Error Protection Technique for JPEG2000 Codestream and Its Evaluation in CDMA Environment,”
    Proc. IEEE Asia-Pacific Conference on Communications,
    vol.2, pp.654–658, Penang, Malaysia, 23rd September, 2003.
  10. Osamu WATANABE and Hitoshi KIYA,
    “Low-Memory Method of Cross-Fading for JPEG2000 Images,”
    Proc. IEEE International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems,
    no.D3-3, pp.389–392, Awaji Island, Japan, 8th December, 2003.
  11. Takashi TACHIBANA, Masaaki FUJIYOSHI, and Hitoshi KIYA,
    “A Removable Watermarking Scheme Retaining the Desired Image Quality,”
    Proc. IEEE International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems,
    no.A5-3, pp.538–542, Awaji Island, Japan, 9th December, 2003.

学会講演論文

  1. 山田 洋士, 貴家 仁志, 神林 紀嘉,
    “適応フィルタのためのスクランブル処理を用いた信号の白色化,”
    電子情報通信学会 ディジタル信号処理研究会,
    no.DSP2002-176, pp.95–99, 2003年1月1日.
  2. Ayuko TAKAGI and Hitoshi KIYA,
    “Lossless Video Coding Using Interleaved Multiple Frames,”
    Technical Report of IEICE,
    no.IE2002-171, pp.55–60, 1st January, 2003.
  3. 今泉 祥子, 貴家 仁志,
    “画質・処理負担制御パラメータを有するJPEG2000符号化画像の情報半開示法,”
    電子情報通信学会 画像工学研究会,
    no.IE2002-251, pp.161–166, 2003年2月1日.
  4. 河西 元彦, 藤吉 正明, 貴家 仁志,
    “JPEG画像へのデータ埋込み法の画質劣化について,”
    電子情報通信学会 総合大会,
    vol.基礎・境界, no.A-4-12, p.101, 2003年3月1日.
  5. 中崎 暁子, 高木 亜有子, 貴家 仁志,
    “JPEG2000を用いたフレーム間合成符号化のスケーラビリティ機能,”
    電子情報通信学会 総合大会,
    vol.基礎・境界, no.A-4-3, p.92, 2003年3月1日.
  6. 佐々木 孝子, 西川 清史,
    “再送要求の選択的制御を可能とする新しい画像伝送プロトコル,”
    電子情報通信学会 総合大会,
    vol.情報・システム, no.D-11-40, p.40, 2003年3月1日.
  7. 渡邊 修, 貴家 仁志,
    “コードブロックに基づくMotionJPEG2000画像の効果的なクロスフェード法,”
    電子情報通信学会 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ,
    no.Bd-2-3-2, pp.393–398, 2003年4月28日.
  8. 横田 智也, 西川 清史,
    “QoS制御を可能とするマルチレートOFDMに関する研究,”
    電子情報通信学会 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ,
    no.Bd2-1-3, pp.375–379, 2003年4月28日.
  9. 黒崎 正行, 貴家 仁志,
    “誤り率を考慮したJPEG2000符号化画像の生成とその評価,”
    電子情報通信学会 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ,
    no.Bd2-3-3, pp.399–404, 2003年4月28日.
  10. 藤吉 正明, 河西 元彦, 貴家 仁志,
    “JPEG画像のための画質保証型データ埋込み法に関する検討,”
    電子情報通信学会 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ,
    no.Bd2-3-4, pp.405–410, 2003年4月28日.
  11. Khairul Munadi, Masayuki KUROSAKI, Kiyoshi NISHIKAWA, and Hitoshi KIYA,
    “An Embedded Error Protection Scheme for JPEG2000 Compressed Images and Its Assessment over CDMA Environment,”
    Technical Report of IEICE,
    no.DSP2003-17, pp.57–62, 15th May, 2003.
  12. Masaaki FUJIYOSHI, Motohiko KASAI, and Hitoshi KIYA,
    “A Data Hiding Method Automatically Considering Image Degradation for JPEG Coded Images,”
    Technical Report of IEICE,
    no.DSP2003-18, pp.63–68, 15th May, 2003.
  13. 藤吉 正明, 古宮 弘智, 貴家 仁志,
    “MP3オーディオデータの部分スクランブル法,”
    映像情報メディア学会 メディア工学研究会,
    no.ME2003-95, pp.1–4, 2003年6月16日.
  14. 松井 勝之, 橘 高志, 藤吉 正明, 貴家 仁志,
    “透かし系列除去可能な画質保証型電子透かし法とその評価,”
    映像情報メディア学会 メディア工学研究会,
    no.ME2003-96, pp.5–8, 2003年6月16日.
  15. Kiyoshi NISHIKAWA, Takako SASAKI, and Hitoshi KIYA,
    “Novel Image Transport Protocol Allowing Server-Side Control of Request for Retransmission,”
    ITE Technical Report,
    no.ME2003-97, pp.9–12, 16th June, 2003.
  16. 関 裕介, 黒崎 正行, 貴家 仁志,
    “情報埋め込み技術を用いたMPEGヘッダの誤り訂正法,”
    電子情報通信学会 ディジタル信号処理研究会,
    no.DSP2003-63, pp.73–78, 2003年6月27日.
  17. 小林 弘幸, 貴家 仁志,
    “絶対誤差基準パラメータを持つ画像監視法,”
    映像情報メディア学会 メディア工学研究会,
    no.ME2003-111, pp.9–12, 2003年7月17日.
  18. 中村 聡太, 西川 清史,
    “拡散符号の周波数特性を考慮したHSDPAの伝送特性の改善,”
    電子情報通信学会 無線通信システム研究会,
    vol.103, no.RCS2003-119, pp.11–16, 2003年8月22日.
  19. 渡邊 修, 貴家 仁志,
    “JPEG2000符号化画像のための低メモリクロスフェード法,”
    映像情報メディア学会 年次大会,
    no.2月14日, 2003年8月29日.
  20. 中村 聡太, 福田 亮, 西川 清史,
    “拡散符号の周波数特性を考慮したW-CDMAの伝送特性の改善,”
    電子情報通信学会 ソサイエティ大会,
    no.B-5-38, 2003年9月24日.
  21. 黒崎 正行, 貴家 仁志,
    “Box構造を用いたMotion-JPEG2000ファイルのためのエラー訂正法,”
    電子情報通信学会 ディジタル信号処理シンポジウム,
    no.D3-2, 2003年11月6日.
  22. Khairul Munadi, Masayuki KUROSAKI, Kiyoshi NISHIKAWA, and Hitoshi KIYA,
    “An Efficient Transmission Scheme with Backward Compatibility for JPEG2000 Coded Images over Packet Loss Environment,”
    IEICE Digital Signal Processing Symposium,
    no.D3-3, 6th November, 2003.
  23. 福田 亮, 西川 清史, 貴家 仁志,
    “W-CDMA方式における拡散処理のマルチレートシステム表現とその応用,”
    電子情報通信学会 ディジタル信号処理シンポジウム,
    no.C7- 6, 2003年11月7日.
  24. 小林 弘幸, 貴家 仁志,
    “ハッシュ関数を用いた画像の真正性のロバストな判定法,”
    電子情報通信学会 ディジタル信号処理シンポジウム,
    no.D6-4, 2003年11月7日.
  25. 高木 亜有子, 貴家 仁志,
    “画像検索を可能とするMPEG画像のスクランブル法,”
    電子情報通信学会 画像符号化シンポジウム,
    no.P.5-19, pp.99–100, 2003年11月13日.
  26. 渡邊 修, 貴家 仁志,
    “Motion-JPEG2000符号化画像のための低メモリトランジション法,”
    電子情報通信学会 画像工学研究会,
    vol.103, no.450, (no.IE2003-101), pp.13–18, 2003年11月20日.
  27. 関 裕介, 黒崎 正行, 貴家 仁志,
    “MPEG画像のための下位互換性を有するヘッダ情報の誤り訂正法,”
    電子情報通信学会 画像工学研究会,
    pp.7–12, 2003年11月20日.
  28. 山田 洋士, 貴家 仁志, 神林 紀嘉,
    “周期的巡回性を有する推定手法による非因果的インパルス応答の推定,”
    電子情報通信学会 応用音響研究会,
    no.EA2003-119, pp.1–8, 2003年12月18日.

Powered by Plone CMS, the Open Source Content Management System

このサイトは次の標準に準拠しています: