パーソナルツール
現在の場所: ホーム Papers
編集操作

発表論文

貴家・塩田研究グループの発表論文

2004年

学術論文

  1. Kiyoshi NISHIKAWA, Takako SASAKI, and Hitoshi KIYA,
    “Extension of Image Transport Protocol Allowing Server-Side Control of Request for Retransmission,”
    IEICE Trans. Fundamentals,
    vol.E87-A, no.3, pp.674–681, March 2004.
    webpage [内部情報]
  2. 橘 高志, 藤吉 正明, 貴家 仁志,
    “種々の統計分布をもつ透かし系列に適用可能な画質保証型電子透かし法,”
    電子情報通信学会 論文誌,
    vol.J87-D-II, no.3, pp.850–859, 2004年3月.
    webpage PDF [内部情報]
  3. Masayuki KUROSAKI and Hitoshi KIYA,
    “An Efficient Error Correction Scheme Allowing Backward Compatibility with JPEG2000 Codestream,”
    IEICE Trans. Fundamentals,
    vol.E87-A, no.4, pp.145–152, April 2004.
    webpage [内部情報]
  4. Ayuko TAKAGI and Hitoshi KIYA,
    “Scrambling of MPEG Video by Exchanging Motion Vectors,”
    IEICE Trans. Fundamentals,
    vol.E87-A, no.8, pp.2054–2057, August 2004.
    webpage [内部情報]

国際会議論文

  1. Ayuko TAKAGI and Hitoshi KIYA,
    “Scrambling of MPEG Video Suitable for Image Search,”
    Proc. International Workshop on Advanced Image Technology,
    pp.135–139, Singapore, 12th January, 2004.
  2. Masaaki FUJIYOSHI and Hitoshi KIYA,
    “A Quantization-Based Watermarking Scheme Allowing a Desired Image-Quality Using a DWT,”
    Proc. International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,
    no.6E2L-3, Matsushima, Japan, 6th July, 2004.
  3. Masaaki FUJIYOSHI and Hitoshi KIYA,
    “A Data Hiding Method for Indexing JPEG-Coded Images and Theoretical Analyses of Image-Quality,”
    Proc. International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,
    no.7F3P-49, Matsushima, Japan, 7th July, 2004.
  4. Osamu WATANABE, Akiko NAKAZAKI, and Hitoshi KIYA,
    “A Fast Scrambling Method for JPEG 2000 Images Using Public-Key Encryption,”
    Proc. International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,
    no.7F3P-51, Matsushima, Japan, 7th July, 2004.
  5. Khairul Munadi, Masayuki KUROSAKI, Kiyoshi NISHIKAWA, and Hitoshi KIYA,
    “Efficient Scheme of Packet Loss Recovery for JPEG2000 Images Allowing Backward Compatibility with a Standard Decoder,”
    Proc. International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,
    no.7F3P-7, Matsushima, Japan, 7th July, 2004.
  6. Kiyoshi NISHIKAWA and Souta NAKAMURA,
    “De-Spreading of WCDMA HSDPA Signals Using FFT Based on the Equivalent Representation of MC-MC CDMA and WCDMA,”
    Proc. IEEE Signal Processing Adavances in Wireless Communications,
    13th July, 2004.
  7. Khairul Munadi, Masayuki KUROSAKI, Kiyoshi NISHIKAWA, and Hitoshi KIYA,
    “Packet Loss Recovery for RTP-Based Transmission of JPEG2000 Images Enabling Backward Compatibility with Standard Decoder,”
    Proc. IEEE Midwest Symposium on Circuits and Systems,
    vol.I, pp.265–268, Hiroshima, Japan, 27th July, 2004.
  8. Khairul Munadi, Masayuki KUROSAKI, Kiyoshi NISHIKAWA, and Hitoshi KIYA,
    “A Packetization Strategy for Transmission of JPEG2000 Images over Lossy Packet Networks,”
    Proc. Indonesia-Japan Joint Scientific Symposium,
    pp.235–240, Chiba, Japan, 21st October, 2004.
  9. Fitri Arnia, Khairul Munadi, and Hitoshi KIYA,
    “Enhancing Audio Quality of A-DFT Based Audio Adaptive Watermarking,”
    Proc. Indonesia-Japan Joint Scientific Symposium,
    Chiba, Japan, 21st October, 2004.
  10. Khairul Munadi, Masayuki KUROSAKI, Kiyoshi NISHIKAWA, and Hitoshi KIYA,
    “Efficient Packet Loss Protection for JPEG2000 Images Enabling Backward Compatibility with a Standard Decoder,”
    Proc. IEEE International Conference on Image Processing,
    no.MP-P2.10, pp.833–836, Singapore, 25th October, 2004.
  11. Takashi TACHIBANA, Masaaki FUJIYOSHI, and Hitoshi KIYA,
    “An Image-Quality Guaranteed Watermarking Scheme with Spreading Spectrum of Watermark,”
    Proc. IEEE International Symposium on Communications and Information Technologies,
    vol.1, no.27PM2C-5, pp.330–334, Sapporo, Japan, 27th October, 2004.
    DOI webpage PDF
  12. Masaaki FUJIYOSHI and Hitoshi KIYA,
    “An Image-Quality Guaranteed Method for Quantization-Based Watermarking Using a DWT,”
    Proc. IEEE International Conference on Image Processing,
    vol.4, no.WA-P2.5, pp.2629–2632, Singapore, 27th October, 2004.
    DOI webpage PDF
  13. Osamu WATANABE, Akiko NAKAZAKI, and Hitoshi KIYA,
    “A Fast Image-Scramble Method Using Public-Key Encryption Allowing Backward Compatibility with JPEG2000,”
    Proc. IEEE International Conference on Image Processing,
    no.WP-P7.6, pp.3435–3438, Singapore, 27th October, 2004.
  14. Hiroyuki KOBAYASHI and Hitoshi KIYA,
    “Robust Image Authentication Using Hash Function,”
    Proc. IEEE Region 10 Conference,
    no.1135, Chiang Mai, Thailand, 24th November, 2004.
  15. Masayuki KUROSAKI, Akemi IKEDA, Khairul Munadi, and Hitoshi KIYA,
    “Packet Analyzer for JPEG2000 Codestreams and Its VHDL Model,”
    Proc. IEEE Asia-Pacific Conference on Circuits and Systems,
    no.P3.22, pp.905–908, Tainan, Taiwan, R.O.C., 9th December, 2004.

学会講演論文

  1. Ayuko TAKAGI and Hitoshi KIYA,
    “Scrambling of MPEG Video Suitable for Image Search,”
    Technical Report of IEICE,
    no.IE2003-153, pp.29–33, 12th January, 2004.
  2. 河西 元彦, 渡邊 修, 藤吉 正明, 貴家 仁志,
    “非直交変換を用いた画質保証型電子透かし法,”
    電子情報通信学会 ディジタル信号処理研究会,
    no.DSP2003-162, pp.79–84, 2004年1月15日.
  3. 松井 勝之, 藤吉 正明, 貴家 仁志,
    “埋め込み係数をランダムに選択する画質保証型電子透かし法,”
    電子情報通信学会 ディジタル信号処理研究会,
    no.DSP2003-163, pp.85–89, 2004年1月15日.
  4. 中崎 暁子, 渡邊 修, 貴家 仁志,
    “公開鍵暗号を用いたJPEG2000と下位互換性を有する画像の高速暗号化法,”
    電子情報通信学会 画像工学研究会,
    no.IE2003-199, pp.7–12, 2004年2月3日.
  5. 小林 弘幸, 橘 高志, 藤吉 正明, 貴家 仁志,
    “ハッシュ関数を用いたロスレス電子透かし法とその放送監視への応用,”
    電子情報通信学会 画像工学研究会,
    no.IE2003-200, pp.13–18, 2004年2月3日.
  6. 池田 暁美, 黒崎 正行, 貴家 仁志,
    “JPEG2000符号化列のためのパケット解析器の設計,”
    電子情報通信学会 総合大会,
    no.A-4-13, p.104, 2004年3月22日.
  7. 高木 亜有子, 貴家 仁志,
    “MPEG画像のビットストリーム型スクランブル手法,”
    電子情報通信学会 総合大会,
    no.A-4-9, p.100, 2004年3月22日.
  8. 近野 俊, 河西 元彦, 藤吉 正明, 貴家 仁志,
    “DWTを用いる画質保証型電子透かし法の一拡張,”
    電子情報通信学会 総合大会,
    no.D-11-3, p.3, 2004年3月22日.
  9. 山田 洋士, 貴家 仁志, 神林 紀嘉,
    “周期的巡回性を有する推定手法による非因果的インパルス応答の推定,”
    電子情報通信学会 総合大会,
    no.A-4-40, p.131, 2004年3月23日.
  10. 中村 聡太, 西川 清史,
    “W-CDMA HSDPAのFFTを用いた一括逆拡散の実現法,”
    電子情報通信学会 総合大会,
    no.B-5-158, p.645, 2004年3月23日.
  11. 黒崎 正行, 池田 暁美, 貴家 仁志,
    “JPEG2000符号列のためのパケットへッダ解析器の設計,”
    電子情報通信学会 回路とシステム軽井沢ワークショップ,
    no.Bd1-2-2, pp.141–146, 2004年4月26日.
  12. 山口 裕之, 渡邊 修, 貴家 仁志,
    “JPEG2000符号化におけるタイリングROIの提案とその応用,”
    電子情報通信学会 回路とシステム軽井沢ワークショップ,
    no.Bd1-2-4, pp.153–158, 2004年4月26日.
  13. 中村 聡太, 西川 清史,
    “MC-CDMAとW-CDMAの等価表現にもとづくFFTを用いたHSDPAの一括逆拡散法,”
    電子情報通信学会 回路とシステム軽井沢ワークショップ,
    no.Bd2-1-2, pp.433–438, 2004年4月27日.
  14. 藤吉 正明, 貴家 仁志,
    “DWTを用いる画質保証型電子透かし法の一般化に関する検討,”
    電子情報通信学会 回路とシステム軽井沢ワークショップ,
    no.Bd2-4-4, pp.511–516, 2004年4月27日.
  15. 長藁 真一, 佐藤 賢治, 西川 清史, 貴家 仁志,
    “JPEG2000符号ストリーム構造を考慮したRTPパケット分割によるストリーミング伝送の高品質化,”
    電子情報通信学会 信号処理研究会,
    no.SIP2004-15, pp.1–6, 2004年6月17日.
  16. 黒崎 正行, 貴家 仁志,
    “JPEG2000符号列のためのパケット解析器と誤り訂正機能への応用,”
    電子情報通信学会 信号処理研究会,
    no.SIP2004-16, pp.7–12, 2004年6月17日.
  17. 藤吉 正明, 渡邊 修, 貴家 仁志,
    “DWTを用いた画質保証型電子透かし法,”
    映像情報メディア学会 メディア工学研究会,
    no.ME2004-101, pp.31–34, 2004年7月23日.
  18. 黒崎 正行, 貴家 仁志,
    “下位互換性を考慮したJPEG2000符号化列のためのバースト誤り訂正法,”
    映像情報メディア学会 メディア工学研究会,
    no.ME2004-117, pp.1–4, 2004年8月20日.
  19. 中崎 暁子, 渡邊 修, 藤吉 正明, 貴家 仁志,
    “JPEG 2000符号化画像のための階層的暗号化法,”
    映像情報メディア学会 メディア工学研究会,
    no.ME2004-118, pp.5–8, 2004年8月20日.
  20. 関 裕介, 小林 弘幸, 藤吉 正明, 貴家 仁志,
    “符号化画像のための新しい非参照型電子透かし法の提案,”
    電子情報通信学会 画像工学研究会,
    no.IE2004-47, pp.41–46, 2004年9月17日.
    webpage PDF
  21. 長藁 真一, 西川 清史, 貴家 仁志,
    “下位ビットプレーンの削除によるJPEG2000画像の画質改善法,”
    電子情報通信学会 ソサイエティ大会,
    vol.基礎・境界, no.A-4-12, p.75, 2004年9月23日.
  22. 黒崎 正行, 福原 隆浩, 貴家 仁志,
    “バースト誤り訂正のための下位互換性を考慮したJPEG 2000符号化画像のインタリーブ法,”
    電子情報通信学会 信号処理シンポジウム,
    no.D2-1, 2004年11月10日.
  23. 中崎 暁子, 渡邊 修, 藤吉 正明, 貴家 仁志,
    “多重暗号化法とそのJPEG 2000符号化画像への応用,”
    電子情報通信学会 信号処理シンポジウム,
    no.D2-3, 2004年11月10日.
  24. 横田 智也, 西川 清史,
    “DFTを利用したマルチキャリア変調信号の時間領域と周波数領域のエネルギー分布の関係について,”
    電子情報通信学会 信号処理シンポジウム,
    no.C3-4, 2004年11月11日.
  25. 関 裕介, 小林 弘幸, 藤吉 正明, 貴家 仁志,
    “埋込み位置の特定を必要としない量子化型画像電子透かし法,”
    電子情報通信学会 信号処理シンポジウム,
    no.D6-1, 2004年11月12日.

その他

  1. Takashi TACHIBANA, Masaaki FUJIYOSHI, and Hitoshi KIYA,
    “A Watermarking Scheme without Reference Images for Broadcast Monitoring,”
    Electronics and Communications in Japan, Part III,
    vol.87, no.9, pp.22–32, September 2004.
    DOI webpage PDF

Powered by Plone CMS, the Open Source Content Management System

このサイトは次の標準に準拠しています: