パーソナルツール
現在の場所: ホーム Papers
編集操作

発表論文

貴家・塩田研究グループの発表論文

2005年

学術論文

  1. 藤吉 正明, 橘 高志, 貴家 仁志,
    “埋込み係数をブロック毎に変更可能な画質保証型電子透かし法,”
    映像情報メディア学会 学会誌,
    vol.59, no.3, pp.430–434, 2005年3月.
    DOI webpage PDF [内部情報]
  2. Masaaki FUJIYOSHI, Osamu WATANABE, and Hitoshi KIYA,
    “A Method of Guaranteeing Image-Quality for Quantization-Based Watermarking Using a Nonorthogonal Transformation,”
    IEICE Trans. Fundamentals,
    vol.E88-A, no.6, pp.1434–1442, June 2005.
    DOI webpage PDF [内部情報]
  3. 関 裕介, 小林 弘幸, 藤吉 正明, 貴家 仁志,
    “埋込位置の特定を必要としないJPEG画像へのデータ埋込法,”
    電子情報通信学会 論文誌,
    vol.J88-D-II, no.10, pp.2037–2045, 2005年10月.
    webpage PDF [内部情報]

国際会議論文

  1. Shin'ichi NAGAWARA, Kiyoshi NISHIKAWA, and Hitoshi KIYA,
    “Image Quality Improvement Scheme by Discarding Coding Pass for Transmitting Motion JPEG 2000 Streams over RTP,”
    Proc. International Workshop on Advanced Image Technology,
    no.PS1_6, pp.79–84, Jeju, Korea, 10th January, 2005.
  2. Ayuko TAKAGI, Kiyoshi NISHIKAWA, and Hitoshi KIYA,
    “Scalable Scrambling for MPEG Video,”
    Proc. International Workshop on Advanced Image Technology,
    no.PS1_8, pp.91–96, Jeju, Korea, 10th January, 2005.
  3. Yusuke SEKI, Hiroyuki KOBAYASHI, Masaaki FUJIYOSHI, and Hitoshi KIYA,
    “Quantization-Based Image Steganography without Data Hiding Position Memorization,”
    Proc. IEEE International Symposium on Circuits and Systems,
    no.C2L-R.5, pp.4987–4990, Kobe, Japan, 26th May, 2005.
    DOI webpage PDF
  4. Osamu WATANABE, Akiko NAKAZAKI, and Hitoshi KIYA,
    “A Scalable Encryption Method Allowing Backward Compatibility with JPEG2000 Images,”
    Proc. IEEE International Symposium on Circuits and Systems,
    no.C4P-Y.5, pp.6324–6327, Kobe, Japan, 26th May, 2005.
  5. Masaaki FUJIYOSHI, Yoshiaki ISAWA, Shin'ichi NAGAWARA, and Hitoshi KIYA,
    “Spatial Subsampling MD Coding with Code Block-Based Error Concealment for JPEG 2000 Coded Images,”
    Proc. International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,
    vol.1, no.TF1-3, pp.55–56, Jeju, Korea, 5th July, 2005.
  6. Khairul Munadi, Masayuki KUROSAKI, Kiyoshi NISHIKAWA, and Hitoshi KIYA,
    “Low Delay Interleaved FEC for Robust JPEG2000 Video Streaming,”
    Proc. International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,
    vol.1, no.TF2-2, pp.233–234, Jeju, Korea, 5th July, 2005.
  7. Kiyoshi NISHIKAWA and Yasuyuki TAGUCHI,
    “Analysis of Convergence Property of Alias Free Subband Adaptive Filter Using Equivalent Structure,”
    Proc. International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,
    vol.2, no.WB1-2, pp.573–574, Jeju, Korea, 6th July, 2005.
  8. Fitri Arnia, Ikue IIZUKA, Yuji NAKANO, Ayuko TAKAGI, and Hitoshi KIYA,
    “Compressed Domain Based Image Authentication for JPEG Coded Images,”
    Proc. International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,
    vol.4, no.THC3-2, pp.1465–1466, Jeju, Korea, 7th July, 2005.
  9. Masaaki FUJIYOSHI, Yusuke SEKI, Hiroyuki KOBAYASHI, and Hitoshi KIYA,
    “Modulo Arithmetic-Based Image Watermarking and Its Theoretical Analysis of Image-Quality,”
    Proc. IEEE International Conference on Image Processing,
    vol.I, no.MonPmPO4.5, pp.969–972, Genoa, Italy, 12th September, 2005.
    DOI webpage PDF
  10. Shoko IMAIZUMI, Osamu WATANABE, Masaaki FUJIYOSHI, and Hitoshi KIYA,
    “Generalized Hierarchical Encryption of JPEG 2000 Codestreams for Access Control,”
    Proc. IEEE International Conference on Image Processing,
    vol.II, no.TuePmPO5.6, pp.1094–1097, Genoa, Italy, 13th September, 2005.
    DOI webpage PDF

学会講演論文

  1. Ayuko TAKAGI, Kiyoshi NISHIKAWA, and Hitoshi KIYA,
    “Scalable Scrambling for MPEG Video,”
    Technical Report of IEICE,
    no.IE2004-129, pp.31–36, 10th January, 2005.
  2. Shin'ichi NAGAWARA, Kiyoshi NISHIKAWA, and Hitoshi KIYA,
    “Image Quality Improvement Scheme by Discarding Coding Pass for Transmitting Motion JPEG 2000 Streams over RTP,”
    Technical Report of IEICE,
    no.IE2004-160, pp.87–92, 10th January, 2005.
  3. 金 弘林, 関 裕介, 藤吉 正明, 貴家 仁志,
    “埋込み位置を記憶不要なJPEG 2000符号化画像のステガノグラフィ,”
    電子情報通信学会 暗号と情報セキュリティシンポジウム,
    vol.I, no.1B2-1, pp.31–36, 2005年1月25日.
  4. 今泉 祥子, 渡邊 修, 藤吉 正明, 貴家 仁志,
    “JPEG 2000の階層性を考慮したアクセス制限型暗号化法,”
    電子情報通信学会 暗号と情報セキュリティシンポジウム,
    vol.II, no.2C1-5, pp.445–450, 2005年1月26日.
  5. 嶋田 友樹, 藤吉 正明, 貴家 仁志,
    “双方向対話システムのためのタイルベース動き検出を用いたJPEG 2000符号化,”
    映像情報メディア学会 メディア工学研究会,
    vol.29, no.17, (no.ME2005-54), pp.17–20, 2005年2月26日.
  6. 中野 雄資, 高木 亜有子, 貴家 仁志,
    “JPEG符号化画像のためのストリームベース高速検索法,”
    映像情報メディア学会 メディア工学研究会,
    vol.29, no.17, (no.ME2005-55), pp.21–24, 2005年2月26日.
  7. Masayuki KUROSAKI, Khairul Munadi, Kiyoshi NISHIKAWA, and Hitoshi KIYA,
    “A Novel Interleaved FEC Scheme over RTP for JPEG2000 Image Transmission,”
    Technical Report of IEICE,
    no.NS2004-223, pp.135–138, 3rd March, 2005.
  8. 金 弘林, 藤吉 正明, 関 裕介, 貴家 仁志,
    “法演算を用いる高画質電子透かし,”
    電子情報通信学会 総合大会,
    vol.情報・システム, no.D-11-14, p.14, 2005年3月21日.
  9. 小林 弘幸, 長藁 真一, 西川 清史, 貴家 仁志,
    “拡張されたRTPを用いたJPEG 2000符号化画像の画質監視,”
    電子情報通信学会 総合大会,
    vol.情報・システム, no.DS-1-4, pp.7–8, 2005年3月22日.
  10. 長藁 真一, 西川 清史, 貴家 仁志,
    “符号化パスの削除によるJPEG 2000符号化画像のRTP伝送における画質劣化抑制法,”
    電子情報通信学会 総合大会,
    vol.情報・システム, no.D-11-66, 2005年3月24日.
  11. 渡邊 修, 今泉 祥子, 藤吉 正明, 貴家 仁志,
    “JPEG2000の階層性を保持する拡張されたアクセス制限型暗号化法,”
    電子情報通信学会 回路とシステム軽井沢ワークショップ,
    no.Bd2-2-1, pp.449–454, 2005年4月26日.
  12. Masaaki FUJIYOSHI, Yusuke SEKI, Hiroyuki KOBAYASHI, and Hitoshi KIYA,
    “Modulo Arithmetic-Based Watermarking for High-Quality Images,”
    IEICE Workshop on Circuits and Systems in Karuizawa,
    no.Bd2-2-3, pp.461–466, 26th April, 2005.
  13. Khairul Munadi, Masayuki KUROSAKI, Kiyoshi NISHIKAWA, and Hitoshi KIYA,
    “Interleaved FEC Scheme for Burst Packet Loss Protection over RTP and Its Application to JPEG2000 Image Transmission,”
    IEICE Workshop on Circuits and Systems in Karuizawa,
    no.Bd2-3-4, pp.485–489, 26th April, 2005.
  14. 遠藤 耕太, 西川 清史, 貴家 仁志,
    “エイリアスフリーサブバンド型適応フィルタによるアダプティブアレーアンテナの特性改善,”
    電子情報通信学会 信号処理研究会,
    vol.105, no.149, (no.SIP2005-25), pp.1–6, 2005年6月27日.
  15. 飯塚 郁絵, フィトリ アルニア, 藤吉 正明, 貴家 仁志,
    “圧縮率の異なる符号化画像の高速な画像同定法,”
    電子情報通信学会 信号処理研究会,
    vol.105, no.150, (no.SIP2005-41), pp.13–18, 2005年6月28日.
    webpage PDF
  16. 藤吉 正明, 長藁 真一, 貴家 仁志,
    “コードブロック単位処理を用いたJPEG 2000符号化画像のためのMDC法,”
    電子情報通信学会 信号処理研究会,
    vol.105, no.175, (no.SIP2005-66), pp.15–20, 2005年7月15日.
    webpage PDF
  17. 吉田 邦明, 西川 清史, 貴家 仁志,
    “画像端処理を考慮した拡張周期畳み込みの提案とその画像圧縮への応用,”
    電子情報通信学会 信号処理研究会,
    vol.105, no.175, (no.SIP2005-67), pp.21–26, 2005年7月15日.
  18. 金 弘林, 藤吉 正明, 貴家 仁志,
    “任意形状ROIに対応可能なDWT領域情報埋込み法,”
    映像情報メディア学会 メディア工学研究会,
    vol.29, no.43, (no.ME2005-103), pp.21–24, 2005年7月15日.
  19. 長藁 真一, 西川 清史, 貴家 仁志,
    “拡張されたRTPヘッダの情報に基づく画質劣化の改善を可能とするMotion JPEG 2000の伝送法,”
    映像情報メディア学会 メディア工学研究会,
    vol.29, no.47, (no.125), pp.1–4, 2005年8月30日.
  20. 田口 泰透, 西川 清史,
    “等価回路を用いたエイリアスフリーサブバンド適応フィルタの収束速度の解析,”
    電子情報通信学会 ソサイエティ大会,
    vol.ESS, no.A-4-6, p.75, 2005年9月22日.
  21. 吉田 邦明, 西川 清史, 貴家 仁志,
    “拡張周期畳み込みに基づく画像の帯域制限とそのFFT実現法,”
    電子情報通信学会 ソサイエティ大会,
    vol.ESS, no.A-4-35, p.104, 2005年9月23日.
  22. 飯塚 郁絵, フィトリ アルニア, 藤吉 正明, 貴家 仁志,
    “符号化画像に対する高速画像同定法の拡張,”
    電子情報通信学会 信号処理シンポジウム,
    no.D4-2, 2005年11月17日.
  23. 吉田 邦明, 西川 清史, 貴家 仁志,
    “領域分割歪みを伴わない画像の領域分割とリフティングDWT法,”
    電子情報通信学会 信号処理シンポジウム,
    no.D5-3, 2005年11月17日.
  24. 黒崎 正行, 尾知 博, 貴家 仁志,
    “バースト誤り訂正のためのJPEG 2000符号化画像の生成法とその評価,”
    電子情報通信学会 信号処理シンポジウム,
    no.C7-1, 2005年11月18日.
  25. 長藁 真一, 西川 清史, 貴家 仁志,
    “RTPレベルでのJPEG 2000符号化画像のQoS推定法,”
    電子情報通信学会 信号処理シンポジウム,
    no.C7-3, 2005年11月18日.
  26. 黒崎 正行, 尾知 博, 貴家 仁志,
    “プレインタリーバを用いたJPEG 2000符号化画像のバースト誤り訂正法,”
    映像情報メディア学会 メディア工学研究会,
    vol.29, no.75, (no.ME2005-231), pp.1–4, 2005年12月14日.

Powered by Plone CMS, the Open Source Content Management System

このサイトは次の標準に準拠しています: