パーソナルツール
現在の場所: ホーム Papers
編集操作

発表論文

貴家・塩田研究グループの発表論文

2008年

学術論文

  1. Kiyoshi NISHIKAWA, Khairul Munadi, and Hitoshi KIYA,
    “No-Reference PSNR Estimation for Quality Monitoring of Motion JPEG2000 Video over Lossy Packet Networks,”
    IEEE Trans. Multimedia,
    vol.10, no.4, pp.637–645, June 2008.
    webpage PDF [内部情報]
  2. Seungwu HAN, Masaaki FUJIYOSHI, and Hitoshi KIYA,
    “An Efficient Reversible Image Authentication Method,”
    IEICE Trans. Fundamentals,
    vol.E91-A, no.8, pp.1907–1914, August 2008.
    DOI webpage PDF [内部情報]
  3. 金 弘林, 藤吉 正明, 貴家 仁志,
    “統計量の適応的可逆修正法に基づく可逆情報埋込法の改善,”
    電子情報通信学会 論文誌,
    vol.J91-A, no.8, pp.823–827, 2008年8月.
    webpage PDF [内部情報]
  4. 福原 隆浩, 保坂 和寿, 貴家 仁志,
    “ディジタルシネマ向けJPEG2000符号化画像のビットストリームレベル同定法,”
    電子情報通信学会 論文誌,
    vol.J91-D, no.9, pp.2305–2313, 2008年9月.
    webpage [内部情報]

国際会議論文

  1. Izumi ITO and Hitoshi KIYA,
    “DCT Sign Only Image and Its Application to Phase Only Correlation,”
    Proc. International Workshop on Advanced Image Technology,
    no.A3-5, Hsinchu, Taiwan, R.O.C., 7th January, 2008.
    [内部情報]
  2. Mirei KIHARA, Masaaki FUJIYOSHI, and Hitoshi KIYA,
    “Morphological Image Tamper Detecting Method Considering Robustness against Compression,”
    Proc. International Workshop on Advanced Image Technology,
    no.B3-4, Hsinchu, Taiwan, R.O.C., 7th January, 2008.
    [内部情報]
  3. Takahiro FUKUHARA, Kazuhisa HOSAKA, and Hitoshi KIYA,
    “Accurate Identifying Method of JPEG2000 Images for Digital Cinema,”
    Proc. ACM/IEEE International Multimedia Modeling Conference,
    no.2Op-1, pp.380–390, Kyoto, JAPAN, 10th January, 2008.
    DOI webpage PDF [内部情報]
  4. Hitoshi KIYA, Masahiro IWAHASHI, and Osamu WATANABE,
    “A New Class of Lifting Wavelet Transform for Guaranteeing Losslessness of Specific Signals,”
    Proc. IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing,
    no.SPTM-L1.4, pp.3273–3276, Las Vegas, NV, U.S., 1st April, 2008.
    DOI webpage PDF [内部情報]
  5. Hitoshi KIYA, Masahiro IWAHASHI, and Osamu WATANABE,
    “A New Structure of Lifting Wavelet for Reducing Rounding Error,”
    Proc. IEEE International Symposium on Circuits and Systems,
    no.C3L-C.2, pp.2881–2884, Seattle, WA, U.S., 21st May, 2008.
    DOI webpage PDF [内部情報]
  6. Ryo HOSAKA, Fitri Arnia, Masaaki FUJIYOSHI, and Hitoshi KIYA,
    “A Scrambling Method for JPEG Coded Images Enabling Image Retrieval from Scrambled Images,”
    Proc. International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,
    no.A3-3, pp.49–52, Shimonoseki, Yamaguchi, Japan, 7th July, 2008.
    webpage PDF [内部情報]
  7. Michihiko ONO, Masaaki FUJIYOSHI, and Hitoshi KIYA,
    “A Location Map-Free Reversible Data Hiding Method Inserting Data to Image Edges,”
    Proc. International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,
    no.A3-5, pp.57–60, Shimonoseki, Yamaguchi, Japan, 7th July, 2008.
    webpage PDF [内部情報]
  8. Atsushi IMAMIZU, Kiyoshi NISHIKAWA, and Hitoshi KIYA,
    “Method for Estimating Amount of Delay of Sparse Channel Based on Phase-Only Correlation,”
    Proc. International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,
    no.F6-1, pp.897–900, Shimonoseki, Yamaguchi, Japan, 9th July, 2008.
    webpage PDF [内部情報]
  9. Hitoshi KIYA and Izumi ITO,
    “Image Matching between Scrambled Images for Secure Data Management,”
    Proc. EURASIP European Signal Processing Conference,
    no.L4-3.5, Lausanne, Switzerland, 28th August, 2008.
    PDF [内部情報]
  10. Izumi ITO and Hitoshi KIYA,
    “A New Class of Image Registration for Guaranteeing Secure Data Management,”
    Proc. IEEE International Conference on Image Processing,
    no.MA-PA.5, pp.269–272, San Diego, CA, the U.S., 13th October, 2008.
    DOI webpage PDF [内部情報]
  11. Masaaki FUJIYOSHI, Keijiro KUROIWA, and Hitoshi KIYA,
    “A Scrambling Method for Motion JPEG Videos Enabling Moving Objects Detection from Scrambled Videos,”
    Proc. IEEE International Conference on Image Processing,
    no.MP-L5.6, pp.773–776, San Diego, CA, the U.S., 13th October, 2008.
    DOI webpage PDF [内部情報]
  12. Noriaki HASHIMOTO, Shoko IMAIZUMI, Masaaki FUJIYOSHI, and Hitoshi KIYA,
    “Hierarchical Encryption Using Short Encryption Keys for Scalable Access Control of JPEG 2000 Coded Images,”
    Proc. IEEE International Conference on Image Processing,
    no.WP-PG.4, pp.3116–3119, San Diego, CA, the U.S., 15th October, 2008.
    DOI webpage PDF [内部情報]
  13. Takahiro FUKUHARA, Katsutoshi ANDO, and Hitoshi KIYA,
    “Efficient Lossless to Lossy Transcoding of JPEG2000 Codestreams for D-Cinema,”
    Proc. SMPTE Annual Technical Conference and Exhibition,
    Hollywood, CA, the U.S., 29th October, 2008.
  14. Seungwu HAN, Masaaki FUJIYOSHI, and Hitoshi KIYA,
    “A Location Map-Free Visible and Reversible Watermarking Method with Authentication Ability,”
    Proc. IEEE Asia-Pacific Conference on Circuits and Systems,
    no.C4L-F03, pp.1584–1587, Macao, P.R.C., 3rd December, 2008.
    DOI webpage PDF [内部情報]

学会講演論文

  1. Izumi ITO and Hitoshi KIYA,
    “DCT Sign Only Image and Its Application to Phase Only Correlation,”
    Technical Report of IEICE,
    vol.107, no.411, (no.IE2007-175), pp.205–210, 7th January, 2008.
  2. Mirei KIHARA, Masaaki FUJIYOSHI, and Hitoshi KIYA,
    “Morphological Image Tamper Detecting Method Considering Robustness against Compression,”
    Technical Report of IEICE,
    vol.107, no.411, (no.IE2007-179), pp.229–234, 7th January, 2008.
  3. 黒岩 圭二朗, 藤吉 正明, 貴家 仁志,
    “動物体検出機能を有するMotion JPEG画像のスクランブルとその解除,”
    電子情報通信学会 信号処理研究会,
    vol.107, no.438, (no.SIP2007-137), pp.37–42, 2008年1月24日.
    webpage PDF
  4. 上村 翔平, 藤吉 正明, 貴家 仁志,
    “幾何補正を用いた電子透かし法の耐性向上とその評価,”
    映像情報メディア学会 メディア工学研究会,
    vol.32, no.8, (no.ME2008-10), pp.33–36, 2008年2月16日.
  5. 伊藤 泉, 貴家 仁志,
    “DCT正負符号に基づく画像間距離とそのDCT符号相関との関係,”
    電子情報通信学会 画像工学研究会,
    no.488, (no.IE2007-235), pp.97–101, 2008年2月18日.
  6. 植村 淳志, 伊藤 泉, 貴家 仁志,
    “DCT符号相関を用いたサブピクセル精度画像マッチング,”
    映像情報メディア学会 メディア工学研究会,
    vol.32, no.10, (no.ME2008-67), pp.77–82, 2008年2月19日.
  7. 小野 倫彦, 藤吉 正明, 貴家 仁志,
    “画像のエッジ部へ情報を埋める可逆情報埋込法,”
    電子情報通信学会 総合大会,
    no.A-4-11, 2008年3月19日.
  8. 渡邊 修, 福原 隆浩, 貴家 仁志,
    “デジタルシネマ向けJPEG 2000符号化画像のためのビットストリームレベル画像検索法,”
    電子情報通信学会 総合大会,
    no.D-11-121, 2008年3月20日.
  9. 今水 敦志, 西川 清史, 貴家 仁志,
    “スパースな系に対する位相限定相関を用いた遅延量推定法,”
    電子情報通信学会 総合大会,
    vol.ESS, no.A-4-30, p.120, 2008年3月21日.
  10. 伊藤 泉, 貴家 仁志,
    “DCT正負符号に基づくJPEG符号化画像のためのCoFIP,”
    電子情報通信学会 総合大会,
    vol.ISS2, no.DS-4-8, 2008年3月21日.
  11. 橋本 典明, 藤吉 正明, 貴家 仁志,
    “準結託攻撃耐性を有するJPEG 2000符号化画像のための階層的暗号化法,”
    電子情報通信学会 信号処理研究会,
    vol.108, no.3, (no.SIP2008-1), pp.1–6, 2008年4月17日.
    webpage PDF
  12. 神藤 英輔, 藤吉 正明, 貴家 仁志,
    “多次元データの埋め込みによる画像の幾何補正法,”
    電子情報通信学会 信号処理研究会,
    vol.108, no.3, (no.SIP2008-2), pp.7–12, 2008年4月17日.
    webpage PDF
  13. 今泉 祥子, 藤吉 正明, 貴家 仁志,
    “短鍵を用いたJPEG 2000符号化画像の効果的暗号化法,”
    電子情報通信学会 回路とシステム軽井沢ワークショップ,
    no.Bd2-3-1, pp.533–537, 2008年4月22日.
  14. 渡邊 修, 福原 隆浩, 貴家 仁志,
    “デジタルシネマ向けJPEG 2000符号化画像のためのビットストリームレベル画像検索法,”
    電子情報通信学会 回路とシステム軽井沢ワークショップ,
    no.Bd2-3-3, pp.543–547, 2008年4月22日.
  15. 穂坂 諒, フィトリ アルニア, 藤吉 正明, 貴家 仁志,
    “検索機能を有するJPEG符号化画像のスクランブル法,”
    電子情報通信学会 回路とシステム軽井沢ワークショップ,
    no.Bd2-3-4, pp.549–552, 2008年4月22日.
  16. 伊藤 泉, 貴家 仁志,
    “位相スクランブル画像と画像マッチングへの応用,”
    電子情報通信学会 信号処理研究会,
    vol.108, no.108, (no.SIP2008-41), pp.33–38, 2008年6月26日.
  17. 中村 英輔, 伊藤 泉, 貴家 仁志,
    “輝度勾配バイナリ画像の位相情報に基づく画像マッチング,”
    電子情報通信学会 信号処理研究会,
    vol.108, no.108, (no.SIP2008-42), pp.39–43, 2008年6月26日.
  18. 上村 翔平, 藤吉 正明, 貴家 仁志,
    “電子透かし耐性向上のための幾何補正法とその要求精度,”
    電子情報通信学会 画像工学研究会,
    vol.108, no.127, (no.IE2008-34), pp.7–12, 2008年7月14日.
    webpage PDF
  19. 岩橋 政宏, 貴家 仁志,
    “ウェーブレット変換のDCロスレス条件に関する理論解析,”
    電子情報通信学会 画像工学研究会,
    vol.108, no.127, (no.IE2008-42), pp.55–60, 2008年7月15日.
  20. 吹抜 敬彦, 貴家 仁志,
    “ホールド型表示における動領域ボヤケのアパーチャ補正による抑圧の可能性,”
    映像情報メディア学会 情報ディスプレイ研究会,
    vol.32, no.31, (no.IDY2008-72), pp.1–4, 2008年7月24日.
  21. 外村 喜秀, 仲地 孝之, 藤井 竜也, 貴家 仁志,
    “Distributed Video Codingにおけるレート推定に基づくRate-Adaptive LDPC符号の高効率化,”
    電子情報通信学会 情報理論研究会,
    vol.108, no.202, (no.IT2008-31), pp.67–72, 2008年9月12日.
  22. 外村 喜秀, 仲地 孝之, 藤井 竜也, 貴家 仁志,
    “Distributed Video Codingにおけるレート推定に基づくRate-Adaptive LDPC符号の高効率化,”
    情報理論とその応用学会/IEEE LDPC符号ワークショップ,
    2008年9月12日.
  23. 吹抜 敬彦, 貴家 仁志,
    “3次元信号の1次元標本化におけるアパーチャ補正と動領域ボヤケ抑圧〜視知覚信号処理工学の進展〜,”
    電子情報通信学会 ソサイエティ大会,
    vol.ESS, no.A-4-19, p.79, 2008年9月18日.
  24. 小野 倫彦, 藤吉 正明, 貴家 仁志,
    “埋込情報量あたりの変化画素数低減による可逆情報埋込法の画質改善,”
    電子情報通信学会 ソサイエティ大会,
    vol.ESS, no.A-4-6, p.64, 2008年9月18日.
  25. 立崎 祐司, 藤吉 正明, 西川 清史, 貴家 仁志,
    “DCT係数の正負符号を用いたMotion JPEG画像の動物体検出法の拡張とその評価,”
    電子情報通信学会 ソサイエティ大会,
    vol.ESS, no.A-4-22, p.82, 2008年9月19日.
  26. 伊藤 泉, 貴家 仁志,
    “セキュリティを考慮した画像マッチングのための一般化位相スクランブル法,”
    映像情報メディア学会 メディア工学研究会,
    2008年9月25日.
  27. 飯田 知教, 渡邊 修, 福原 隆浩, 貴家 仁志,
    “暗号化されたビットストリームを用いたディジタルシネマ向けJPEG2000符号化画像の同定法,”
    電子情報通信学会 信号処理研究会,
    vol.108, no.228, (no.SIP2008-121), pp.83–88, 2008年10月7日.
  28. 伊藤 泉, 貴家 仁志,
    “相関ピークの相互干渉を考慮したDCT-SPCによるサブピクセル画像マッチング,”
    電子情報通信学会 画像符号化シンポジウム,
    no.P5-16, 2008年10月30日.
  29. 伊藤 泉, 貴家 仁志,
    “DCT-SPCによる非整数サンプルシフト量推定のための双峰性モデルフィッティング関数,”
    電子情報通信学会 信号処理シンポジウム,
    no.A2-3, 2008年11月12日.
  30. 飯田 知教, 福原 隆浩, 貴家 仁志,
    “量子化ステップにロバストなJPEG 2000符号化画像のビットストリームレベル同定法,”
    電子情報通信学会 信号処理シンポジウム,
    no.C2-1, 2008年11月12日.
  31. 外村 喜秀, 仲地 孝之, 白井 大介, 藤井 竜也, 貴家 仁志,
    “JPEG 2000符号化の並列分散処理システムにおけるカラーコンポーネントのビット配分手法,”
    電子情報通信学会 信号処理シンポジウム,
    no.C2-3, 2008年11月12日.
  32. 岩井 宏晃, 岩橋 政宏, 貴家 仁志,
    “有限語長近似を考慮したマルチレートシステムにおけるチェス盤ひずみの回避条件,”
    電子情報通信学会 信号処理シンポジウム,
    no.P-2, 2008年11月13日.
  33. 立崎 祐司, 藤吉 正明, 西川 清史, 貴家 仁志,
    “DCT係数の正負符号を用いたMotion JPEG画像の動物体検出法とそのROC評価,”
    電子情報通信学会 信号処理シンポジウム,
    no.C5-4, pp.484–489, 2008年11月14日.
  34. 植村 淳志, 貴家 仁志,
    “周辺差分符号画像とロバスト画像マッチングへの応用,”
    電子情報通信学会 信号処理シンポジウム,
    no.C6-4, 2008年11月14日.

Powered by Plone CMS, the Open Source Content Management System

このサイトは次の標準に準拠しています: