パーソナルツール
現在の場所: ホーム Papers
編集操作

発表論文

貴家・塩田研究グループの発表論文

2018年

学術論文

  1. Kenta IIDA and Hitoshi KIYA,
    “Robust Image Identification without Visible Information for JPEG Images,”
    IEICE Trans. Inf. & Sys.,
    vol.101-D, no.1, pp.13–19, January 2018.
    [内部情報]
  2. Anu Aryal, Shoko IMAIZUMI, Takahiko HORIUCHI, and Hitoshi KIYA,
    “Integrated Model of Image Protection Techniques,”
    MDPI Journal of Imaging,
    vol.4, no.1, January 2018.
    webpage PDF [内部情報]
  3. Taichi YOSHIDA, Masahiro IWAHASHI, and Hitoshi KIYA,
    “Two-layer lossless coding for high dynamic range images based on range compression and adaptive inverse tone-mapping,”
    IEICE Trans. Fundamentals,
    vol.E101-A, no.1, pp.259–266, January 2018.
    [内部情報]
  4. Tatsuya CHUMAN, Kenta KURIHARA, and Hitoshi KIYA,
    “On the Security of Block Scrambling-based EtC Systems against Extended Jigsaw Puzzle Solver Attacks,”
    IEICE Trans. Inf. & Sys.,
    vol.E101-D, no.1, pp.37–44, January 2018.
    [内部情報]
  5. 望月 紫穂野, 塩田 さやか, 貴家 仁志,
    “話者照合のための音素情報を考慮したポップノイズ検出法による声の生体検知,”
    電子情報通信学会 論文誌,
    vol.J101-D, no.3, pp.588–596, 2018年3月.
    [内部情報]

国際会議論文

  1. Hiroyuki KOBAYASHI, Hiroshi ISHIKAWA, and Hitoshi KIYA,
    “Lossless Two-Layer Coding for HDR Images,”
    Proc. International Workshop on Advanced Image Technology,
    Chiang Mai, Thailand, 8th January, 2018.
    [内部情報]
  2. Yuma KINOSHITA, Taichi YOSHIDA, Sayaka SHIOTA, and Hitoshi KIYA,
    “Multi-Exposure Image Fusion Based on Exposure Compensation,”
    Proc. IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing,
    pp.1388–1392, Calgary, Alberta, Canada, 19th April, 2018.
    [内部情報]
  3. CHIENCHENG CHIEN, Yuma KINOSHITA, Sayaka SHIOTA, and Hitoshi KIYA,
    “An Image Contrast Enhancement Scheme with Noise Aware Shadow-up Function,”
    Proc. IEEE International Conference on Consumer Electronics - Taiwan,
    Taichung, Taiwan, 19th May, 2018.
  4. Osamu WATANABE, Hiroyuki KOBAYASHI, and Hitoshi KIYA,
    “Lossless Two-Layer Coding using Histogram Packing Technique for HDR Images,”
    Proc. IEEE International Symposium on Circuits and Systems,
    Florence, Italy, 28th May, 2018.
  5. Osamu WATANABE, Hiroyuki KOBAYASHI, and Hitoshi KIYA,
    “Two-layer Lossless HDR Coding considering Histogram Sparseness with Backward Compatibility to JPEG,”
    Proc. Picture Coding Symposium,
    San Francisco, USA, 25th June, 2018.
  6. Shihono MOCHIZUKI, Sayaka SHIOTA, and Hitoshi KIYA,
    “Voice liveness detection using phoneme-based pop-noise detector for speaker verification,”
    Proc. The Speaker and Language Recognition Workshop Odyssey,
    Les Sables d’Olonne, France, 26th June, 2018.
  7. Warit SIRICHOTEDUMRONG, Tatsuya CHUMAN, Shoko IMAIZUMI, and Hitoshi KIYA,
    “Grayscale-based Block Scrambling Image Encryption for Social Networking Services,”
    Proc. IEEE International Conference on Multimedia and Expo,
    San Diego, USA, 23rd July, 2018.

学会講演論文

  1. 菊池 敦史, 今泉 祥子, 貴家 仁志,
    “アクセス制御を可能とするブロックスクランブル暗号化法,”
    電気学会システム研究会,
    vol.2018, no.1, pp.35–40, 2018年1月27日.
    [内部情報]
  2. 簡 健丞, 木下 裕磨, 塩田 さやか, 貴家 仁志,
    “ノイズを考慮したシャドーアップ関数に基づく画像コントラスト強調,”
    電子情報通信学会 画像工学研究会,
    vol.117, no.432, (no.IE2017-113 ), pp.245–250, 2018年2月16日.
    webpage [内部情報]
  3. 郷 地洋, 簡 健丞, 木下 裕磨, 塩田 さやか, 貴家 仁志,
    “デュアルISOセンシングを用いた高ダイナミックシーンにおける高画質生成法,”
    電子情報通信学会 画像工学研究会,
    vol.117, no.432, (no.IE2017-114), pp.251–256, 2018年2月16日.
    webpage [内部情報]
  4. 井澤 佑介, 今泉 祥子, 貴家 仁志,
    “階層的な復号を可能とするブロックスクランブル画像暗号化法,”
    電子情報通信学会 マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント研究会,
    vol.117, no.476, (no.EMM2017-77), pp.1–6, 2018年3月5日.
    webpage [内部情報]
  5. 小林 弘幸, 貴家 仁志,
    “JPEGビットストリーム領域でのファイルサイズ不変画像暗号化法,”
    電子情報通信学会 マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント研究会,
    vol.117, no.476, (no.EMM2017-91), pp.73–77, 2018年3月6日.
    webpage [内部情報]
  6. 望月 紫穂野, 塩田 さやか, 貴家 仁志,
    “テキスト依存型話者照合のための音素情報に基づくポップノイズ検出法による声の生体検知,”
    日本音響学会春季大会,
    no.2-8-1, pp.27–30, 2018年3月14日.
    [内部情報]
  7. 宮本 春奈, 塩田 さやか, 貴家 仁志,
    “話者照合のための低周波成分への影響を考慮した非線形帯域拡張とその客観評価,”
    日本音響学会春季大会,
    no.2-8-2, pp.31–34, 2018年3月14日.
    [内部情報]
  8. 上西 遼大, 塩田 さやか, 貴家 仁志,
    “話者照合のための回り込みを考慮した非線形帯域拡張法と通信音声による評価,”
    日本音響学会春季大会,
    no.2-Q-2, pp.135–136, 2018年3月14日.
    [内部情報]
  9. 矢口 凌也, 塩田 さやか, 貴家 仁志,
    “話者照合のための低周波および高周波成分情報を用いた声の生体検知の提案,”
    日本音響学会春季大会,
    no.2-Q-3, pp.137–140, 2018年3月14日.
    [内部情報]
  10. 木下 裕磨, 塩田 さやか, 貴家 仁志,
    “自動露出補正に基づく多重露出画像合成法,”
    電子情報通信学会 信号処理研究会,
    vol.117, no.516, (no.SIP2017-145), pp.191–196, 2018年3月19日.
    webpage [内部情報]
  11. 宮本 春奈, 塩田 さやか, 貴家 仁志,
    “超広帯域音声のための低周波成分への影響を考慮した非線形帯域拡張法に基づく話者照合の検討,”
    電子情報通信学会 音声研究会,
    vol.117, no.517, (no.SP2017-93), pp.51–55, 2018年3月19日.
    webpage [内部情報]
  12. 望月 紫穂野, 塩田 さやか, 貴家 仁志,
    “話者照合のための話者性を考慮した音素情報に基づくポップノイズ検出法を用いたテキスト依存型声の生体検知,”
    電子情報通信学会 音声研究会,
    vol.117, no.517, (no.SP2017-94), pp.57–62, 2018年3月19日.
    webpage [内部情報]

Powered by Plone CMS, the Open Source Content Management System

このサイトは次の標準に準拠しています: